大学院

メニュー

専攻紹介・目的

教育研究上の目的

〔人材の養成に関する目的・教育研究上の目的〕

薬科学専攻修士課程は、広い視野に立って精深な学識を授け、薬科学分野における研究能力又はこれに加えて高度な専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培うことを目的とし、薬の科学に関する種々の最先端の手法を駆使して、医薬品の創製、作用機序と生体応答機序の解明等に関する基礎研究に携わる人材を組織的に養成する。

医療薬学専攻博士課程では、薬学及び薬学と医学との境界分野について、薬剤師または研究者として自立して医療活動、研究活動を行うに必要な高度な専門性並びに優れた研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とし、薬の科学に関する種々の最先端の手法を駆使して、医薬品の創製、作用機序と生体応答機序の解明等に関する基礎研究、臨床研究を推進するとともに、新薬の研究開発、医薬品の臨床等の研究に携わる人材を組織的に養成する。

薬科学専攻/修士課程(2年)

薬学の基礎及び専門的知識・技術の修得を具体的な教育目標としています。主に1年次に履修する講義科目を通じて薬学の基礎的知識を修得し、1・2年次に履修する演習科目、さらには各自が定めたテーマに基づく研究科目の履修を通じ、薬学の専門的知識・技術を修得します。
取得学位: 修士(薬科学)

募集研究分野

薬剤学 生薬学 薬理学 分子生物学
生体分子分析学 生化学 創薬化学 薬品物理化学
薬化学 衛生化学 微生物化学 薬物学
公衆衛生学 薬物動態学 生物物理学 臨床薬学

医療薬学専攻/博士課程(4年)

高度な専門性や優れた研究能力を有する薬剤師等の養成を主たる目的とする「高度薬剤師養成プログラム」及び医療薬学に関する研究者の養成を主たる目的とする「医療薬学研究者養成プログラム」をそれぞれ開設しています。また、社会人にも広く門戸を開放し、医療薬学の発展を目指します。
取得学位: 博士(薬学)

募集研究分野

医薬品評価学 薬物治療学 分子病態解析学 医薬品分子設計学