薬学部

メニュー

学部の特色・目的

教育研究上の目的

[人材の養成に関する目的]
心の温かい薬の専門家として、自他ともに高め合い、医療の最前線で他職種とともに患者や生活者の立場に立って人々の健康を守り、高い倫理観と豊かな人間性を持って地域はもとより広く社会に貢献する医療人の育成を目的とする。
[教育研究上の目的]
教育に関しては、高い倫理観、豊かな人間性、自他ともに高め合う態度、基礎薬学並びに医療薬学に関するバランスのとれた豊富で正確な知識・技術及び問題解決能力を育成し、チーム医療に資するためのコミュニケーション能力及び実践的能力を醸成する。
研究に関しては、基礎薬学並びに医療薬学に関する学術研究活動の推進を図り、地域はもとより広く社会に貢献する。

医学部と付属病院を擁する利点を生かした臨床教育を展開

「臨床に強い」薬剤師の育成をめざす本学部では、6年制への移行に伴って臨床教育の強化を図っています。臨床に強くなるには、医療現場への理解を深めることが何より重要です。そのため、医学部および付属病院を擁するメリットを最大限に生かし、病院実習・薬局実習による臨床教育を充実させています。

修得すべき知識と能力・教育の魅力

徹底した少人数教育を実践

徹底した少人数教育を実践

薬学部では6年制カリキュラムへの移行に伴い、学生一人ひとりの知識・技術と実践能力の向上を図るため、徹底した少人数制教育を行っています。数名の学生に対して1名の教員がチューターとして6年間、担任のような役割を果たし、科目選択から学習方法、進路・就職相談まで学生生活のあらゆる面で指導・サポートを行います。また、4年次秋学期から所属する研究室では、担当教員が卒業研究や就職活動について個別指導をしていきます。このような学生と教員の密接な交流を通して、人と人とのつながりを大切にする東邦大学の校風が育まれていくのです。

付属病院との連携を推進

大森病院

薬学部がめざす「臨床に強い薬剤師」の育成には、医療の現場をよく知ることが重要になるため、大森・大橋・佐倉の付属3病院との連携をより強化し、実務実習の充実を図っています。その結果、5年次の病院実習や入学直後の早期体験学習などで多くの学生を受け入れており、さまざまな連携が実現しています。また、医療薬学教育センターと佐倉病院薬剤部を中心とした薬物治療研究会の発足など、研究面でも積極的な交流が行われています。

充実したプレ実習・学内実習

充実したプレ実習・学内実習

5年次には病院実習や薬局実習で薬剤師としての実務実習を行いますが、実習先の業務にスムーズに対応できるように、事前のプレ実習や学内実習によって薬剤師の業務に必要な知識や技術、態度などを身につけます。薬学部では付属病院との連携により、現役の病院薬剤師や臨床薬剤師が教育スタッフとして学生を指導する体制を整えています。また、カリキュラム自体も薬学部の教員と現役薬剤師が協力して構築し、あらゆる実習先に対応できる質の高い指導内容となっているため、学生は安心して実務実習に臨むことができます。

効果的な学びを可能にする授業

効果的な学びを可能にする授業

薬剤師になるためには、非常に多くの内容を学び、身につけなくてはなりません。薬学部では効果的な学びが可能となる授業・実習システムを導入しています。まず、カリキュラム改訂と同時に、1時限の授業時間を70分に変更しました。また、作業の継続性を重視して実習は午後の3時限を通して行い、実習室と講義室は廊下をはさんだ向かい側に設置して、講義で学んだ内容をすぐに実習で確認できるようにするなど、工夫が行われています。さらに、学生による授業評価も実施しています。

お問い合わせ先

東邦大学 薬学部

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部
【入試広報課】
TEL:047-472-0666
【学事課(教務)】
TEL:047-472-1217
【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1226
【学部長室】
TEL:047-472-1205