薬学部

メニュー

卒業後の進路

薬学部卒業後の進路として、まずイメージされるのは薬剤師でしょう。しかし、進路は幅広い分野に広がっており、もはや「クスリ」の領域だけでくくることはできません。このページでは、東邦大学薬学部卒業後の進路として考えられる道について、詳しく紹介していきます。

調剤薬局

病院で出された処方せんに基づいて、患者さんにクスリを出すのが調剤薬局。医薬分業を背景に、調剤薬局における薬剤師の役割にも大きな期待が寄せられています。気軽に相談できるクスリのスペシャリストとしての役割が期待されています。

病院

ここ数年、病院での薬剤師の役割が少しずつ変化してきています。いわゆる臨床薬剤師の活躍がそれです。処方せんに基づいてクスリを調剤するだけでなく、患者さんへの服薬指導、担当医師との間における治療方針の決定なども行います。

製薬会社

新薬の研究開発部門はもちろんのこと、営業職であるMR(医薬品情報担当者)として活躍するものも近年増えつつあります。医師や薬剤師に対して、自社製品の有効性や安全性を的確に伝える上で、専門知識をもった薬学部卒業生が求められているからです。

化学・食品系会社

薬学部で学ぶことにより、サイエンスの基礎がしっかり身につくので、製薬関連に限らず、化学や食品系の企業における製品開発部門でも活躍できます。実際に洗剤を合成したり、食品メーカーでバイオテクノロジーを研究するケースが見られます。

行政

薬学の専門知識は、環境や衛生に関する仕事にも活かすことが可能です。官公庁や保健所などで公務員として国民や地域社会の健康や安全に貢献したり、民間の施設や研究所でも環境や衛生関係の研究員として働くことが考えられます。

お問い合わせ先

東邦大学 薬学部

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部
【入試広報課】
TEL:047-472-0666
【学事課(教務)】
TEL:047-472-1217
【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1226
【学部長室】
TEL:047-472-1205