薬学部

メニュー

病院

今、医療現場では、薬剤師が直接患者さんに向き合う場面が確実に増えている。次々と新薬が開発される中で、複雑化する医薬品を適正に使うためには医師だけの判断では限界があるからだ。入院患者さんに直接服薬指導をするなど、臨床薬剤師として活躍している卒業生も数多くいる。医師、看護師、薬剤師の各専門性を生かしチーム医療という体制をとる病院が多くなるにつれ、全般的な業務を把握するだけでなく、一つの病気についてより深い知識・技術を持った専門薬剤師も求められるようになっている。
臨床で働くためには、経験の積み重ねと医療の最先端を学ぶ姿勢が求められる。当然患者さんに対する責任も重くなるが、その分「いのち」の側で働いているという充実感は大きい。

病院薬剤師の主な業務


  • 調剤業務…医師の処方せんに基づいて、クスリを調剤し、患者さんに提供。

  • 薬歴管理…患者さんに処方したすべてのクスリをデータ化し、副作用や相互作用をチェック。

  • 医薬品情報の提供…あらゆる情報を収集し、医師や看護師に素早く、正確な情報を提供。

  • TDM…投与したクスリの血中濃度を計り、効果を見たり次の投与計画に活用。

  • 服薬指導…患者さんに正しく服用してもらうために、用法・用量や服用時間などについて説明。 患者さんからの質問にも答えます。

チーム医療

患者さんの情報を交換・共有し、治療に生かす
チーム医療
お問い合わせ先

東邦大学 薬学部

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部
【入試広報課】
TEL:047-472-0666
【学事課(教務)】
TEL:047-472-1217
【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1226
【学部長室】
TEL:047-472-1205