薬学部

メニュー

化学・食品系会社

さまざまな企業活動で生かされる薬学

高齢社会を迎え、いかに健康を維持し、病気を予防するかということが重要な課題である。例えば食品関連会社では、栄養価に優れ安全な成分を探求して、さまざまな研究が行われている。ここでは薬学部で身に付けたバイオテクノロジーや分析、合成の知識や技術を活かすことができる。
また、化粧品会社では、中・高年のための化粧品開発が大きなテーマとなっている。細胞レベルでの老化防止を視野に入れたアンチ・エイジングの研究には、当然のことながら薬学も関連している。激しい開発競争が展開されている洗剤なども、環境問題を考慮した製品の研究がさらに進むと考えられ、やりがいのある分野だと言える。
ほかにも化学、生物学、物理学の基礎が身に付いた薬学部生に対して、繊維やプラスチック、合成ゴムといった、各種素材メーカーから期待が寄せられている。
こうしたメーカーでは、製品研究開発の部門以外に、品質管理部門でも薬学の知識が活かせる。この部門では、安全性や汚染の検査などによって製品の品質を守り、企業の信頼を培う責任ある専門職として活躍する。また、化学を取り入れた犯罪捜査や事故調査などの機関といった、異色な分野に就職することも可能だ。

お問い合わせ先

東邦大学 薬学部

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部
【入試広報課】
TEL:047-472-0666
【学事課(教務)】
TEL:047-472-1217
【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1226
【学部長室】
TEL:047-472-1205