看護学部

メニュー

近藤 麻理/教授

氏名

近藤 麻理/教授

近藤 麻理(KONDO MARI)[博士(看護学)]

専門分野

  • 国際看護学
  • 災害看護学

担当科目

学部

  • 国際看護学
  • 国際看護学演習
  • 臨床実践の統合(国際看護)
  • 統合実習(国際看護)
  • 看護専門分野実践入門
  • 看護倫理学
  • 卒業研究

大学院博士前期課程(修士課程)

  • 看護学特別研究
  • 国際広域保健特論Ⅰ
  • 国際広域保健特論Ⅱ
  • 国際広域保健演習Ⅰ
  • 国際広域保健演習Ⅱ
  • 看護倫理
  • 看護理論

大学院博士後期課程(博士課程)

  • 看護学特別研究
  • 国際広域保健学特講Ⅰ
  • 国際広域保健学特講Ⅱ
  • 国際広域保健学演習Ⅰ
  • 国際広域保健学演習Ⅱ

研究課題・テーマ

  1. HIV/AIDSと共に生きる人々への看護とスティグマ
  2. 災害看護と自助による防災力の獲得過程
  3. EPA看護師候補者への異文化における看護基礎教育の構築
  4. 看護職の異文化受容とダイバシティへの発展課題の探索
  5. 看護におけるモノづくりと知的財産活用による起業の展開
  6. 看護教育の質保証への取り組み

研究内容

グローバル化が進む中で、日本社会も影響を受け、看護の役割も大きな変化が求められています。国際看護学は新しい学問でもあり、また看護の本質に国際的視点から立ち戻ることのできる学問でもあります。世界的に取り組まなければ解決しない健康問題には、HIV/AIDSをはじめとする感染症や、貧困と飢餓、紛争と難民、広域の自然災害、人間の安全保障などがあります。世界の看護職との連携を深めながら、フィールドで丁寧に研究していくことを大切にしています。

入学を検討している学生さんへ

【学部受験の方へ】

世界の看護を知って、日本の看護や医療のありようをもう一度考えてみませんか。国際看護学は、世界から現在の問題点を探ることのできる広い視野を養うことのできる学びがあります。もちろん、看護職として知識と技術を身に付けた時、いつか海外協力活動や国際機関で仕事することも可能になるはずです。

【大学院受験の方へ】

国際的な看護活動の展開と研究について、実際の事例をもとに理論を理解するためには、グローバルな看護の課題を、歴史、政治、経済、および文化的背景を踏まえたうえで分析することが重要となります。世界の多職種との連携により専門家として活躍するため、高度な知識、技術、態度の習得を目指して一緒に学びましょう。

主な論文・著書

【著書】
  • 近藤麻理著「知って考えて実践する国際看護」医学書院2011
  • 深井喜代子編「ケア技術のエビデンスⅡ」へるす出版2010
  • 南裕子監「国際看護学 グローバル・ナーシングに向けての展開」中山書店2013
  • 標美奈子編「公衆衛生看護学概論 標準保健師講座」医学書院2015
  • 宮原伸二編「福祉医療用語辞典」創元社2006
【学会発表】
  • 採用時研修におけるチームコミュニケーション演習が組織アイデンティティに及ぼす効果,第33回日本看護科学学会学術集会,東京2013
  • Effectiveness of the Career Development Program for the 1st year nurses,The 3rd International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science, Soul Korea 2013
  • Discussion on the attempt to incorporate the lecture of intellectual property into nursing education:The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science, Kobe Japan 2010
  • Analyzing the effectiveness of the education at schools in Trincomalee district, Srilanka:The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science, Kobe Japan 2010
  • Gender role attitudes of home visit nurses and the their affecting factors:The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science, Kobe Japan 2010 
  • Nursing Science needs to provide the venture spirit and the business skills, 24th Quadrennial Congress South Africa Durban 2008
  • Learning outcome of nurse “narrative materials” on PHN second-year students: comparison of before and after a class,第1回日韓地域看護学会共同学術集会 韓国ソウル2008
  • Nursing Care of the Patients and Family Living with HIV/AIDS,International Nursing Symposium in Wuhan, China2007
  • スマトラ島沖地震・津波緊急救援活動-インドネシア・スリランカ・インドへの保健医療支援-,第20回日本国際保健医療学会、東京2005
  • Women in Conflicts -Medical assistance activities in Kosova refugees’ emergency aids-,23rd Quadrennial Congress 2005,Taipei,Taiwan
【その他】
  • 近藤麻理「大学教育の質保証を考える」看護教育,54(3);pp.200-206,2013
  • 安永悟,近藤麻理「協同教育は、看護教育をいきいきさせる」看護教育,54(8);pp.648-655,2013
  • 近藤麻理,佐藤浩章「看護教員が教育力UPのためにできること」看護教育,56(1);pp.12-19,2015
  • 近藤麻理「グループワークすればグループワークではない」看護教育,56(8);pp.704-708,2015
  • 近藤麻理「カリキュラム『外』の活動をカリキュラムと結びつけるために」看護教育,57(3);pp.174-178,2016
お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881