看護学部

メニュー

金坂 伊須萌/助教

氏名

金坂 伊須萌(KANESAKA IZUMO)[修士(理学)]

専門分野

  • 病原微生物学
  • 感染制御学

担当科目

学部

統合実習(4年生)
統合実習(4年生)
人工吐物を用いて適切な処理方法および消毒方法について検証しています。

  • 感染と防御
  • 臨床実践への統合(感染看護)
  • 統合実習(感染看護)
  • 卒業研究

大学院博士前期課程(修士課程)

  • 感染制御学演習Ⅰ
  • 感染制御学演習Ⅱ

研究課題・テーマ

  • 病原微生物の性状と感染症に関する基礎的研究
  • 病原微生物の抗菌薬耐性化と疫学調査研究
  • 医療関連施設内感染と防止対策に関する検討
  • 感染症診断に関する細菌学的研究
  • 市中や日常環境に分布する病原微生物とその伝播に関する研究
など

研究内容

生活環境の著しい変化によって感染症の様相も大きく変わっています。近年では新型インフルエンザ、ノロウイルス、風疹の大流行など日常生活における感染対策が重要視されるようになりました。くわえて、国を超えた人の移動による新興感染症の流行や国内における再興感染症の再流行と感染症の脅威にさらされています。さらに海外からの新規抗菌薬耐性菌の流入や各種耐性菌による病院および医療関連施設感染が深刻な問題となっています。これらの病原微生物による感染症の診断、耐性菌の解析と疫学および感染対策について研究を行っています。それらの研究成果は、医療現場における感染対策から国民にとっての質の高い安全な医療へ貢献することを目標としています。

主な論文・著書

【刊行論文】
  • 新規酵母様真菌同定システムBD Phoenix ID yeastを用いた臨床分離酵母様真菌の同定. 感染症学雑誌 90(6),787-791, 2016.
  • Daptomycin投与後に分離された同薬低感受性Methicillin-Resistant Staphylococcus aureusの検討. 感染症学雑誌 90(4), 493-498, 2016.
  • 歯性感染症から分離したPrevotella属が産生するβ-lactamaseとceftriaxone耐性に関する検討. 歯科薬物療法 34 (3) ,100-105, 2015.
【著書】
  • 感染症診断に使われるバイオマーカー 【エンドトキシン】. 臨床検査 医学書院, 2016.
【学会発表】
  • Acinetobacter baumanniiの付着および生存性と抗菌薬感受性に関する検討. 第32回日本環境感染学会総会・学術集会, 2017.
  • 関東地方において分離されたNeisseria gonorrhoeaeの抗菌薬感受性に関する検討. 日本性感染症学会第29回学術大会, 2016.
  • 口腔由来Neisseria sp.に対する各種抗菌薬感受性に関する検討. 日本性感染症学会第29回学術大会, 2016.
  • Attachment and viability properties of Acinetobacter baumanii with different antimicrobial susceptibility profiles. ASM microbe2016, Boston, USA, 2016.
  • Survival of Daptomycin Resistant MRSA under Different Conditions. ASM microbe2016, Boston, USA, 2016.
  • 抗菌薬感受性の異なるA. baumanniiの各種資材における付着性と生存性に関する検討. 第30回日本バイオフィルム学会学術集会, 2016.
  • 中国基幹病院における院内高頻度接触部位および医療従事者の手指に分布する抗菌薬耐性菌に関する調査(第二報). 第64回日本化学療法学会総会, 2016.
  • 口腔内常在菌のpenicillinに対する感受性に関する検討. 第90回日本感染症学会総会・学術講演会, 2016.
  • Bacteriological Properties of MRSA with reduced susceptibility to Daptomycin recovered from patients undergoing Daptomycin treatment. Interscience Conference of Antimicrobial Agents and Chemotherapy (ICAAC), San Diego, 2015.
  • 川崎市において分離されたNeisseria gonorrhoeaeに対する抗菌薬感受性の推移について. 日本性感染症学会第28回学術大会, 2015.
  • Daptomycin投与後に分離された同薬低感受性MRSAの細菌学的解析. 第64回日本感染症学会東日本地方会学術集会・第62回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会, 2015.
  • Daptomycin投与後に同薬低感受性MRSAが分離された4例. 第26回日本臨床微生物学会総会, 2015.
  • The influence of antimicrobial susceptibility methodology as well as frozen-storage on Staphylococcus glycopeptide susceptibility. American Society for Microbiology, 114th General Meeting, Boston, USA, 2014.
  • フルオロキノロン系抗菌薬耐性Escherichia coliの分離状況と患者背景因子について. 第61回日本化学療法学会東日本支部総会, 2014.

入学を検討している学生さんへ

感染を起こす病原体とその性質を理解し、医療の現場で最も適した予防措置を判断・実施できる人材の育成を目指しています。講義および細菌を扱う実習を通じて、普段は目に見えない微生物の存在を認識し、その経験から臨床の現場で必要とされる感染制御の基礎を学ぶことができます。

お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881