看護学部

メニュー

倉田 慶子/助教

氏名

倉田 慶子(KEIKO KURATA)[修士]

専門分野

  • 重症心身障害児の在宅支援

担当科目

学部

  • 在宅看護学概論
  • 在宅看護学方法論
  • 看護学基礎実習
  • 卒業研究
  • 臨床実践の統合(在宅看護)

研究課題・テーマ

  • 医療処置を必要とする重症心身障害児のケア、退院支援、在宅支援

研究内容

医療処置を必要としながら地域で生活している障害をもった子どもたちが増えています。しかし、小児分野での在宅支援はまだまだ未整備な部分も多く、家族を支援していく過程では困難なこともあります。看護師がどのような学びを深めていくことで、障害児とその家族の支援が円滑に進むのかを考えていきたいです。

主な論文・著書

著書

  1. 訪問看護と介護8(5)[単著]
    2003年 医学書院 小児訪問看護の基本を学ぶ~家族への対応・ケアのあり方p497-401
  2. さぽーと50巻 第11号[単著]
    2003年11月 知的障害者福祉協会 知的障害をもつ人の健康管理・緊急時の対応(11)p60-67
  3. 小児看護28巻6号[単著]
    2005年 へるす出版 CNSの認定を受けるまでのプロセス CNSの認定を受けるまでの活動3者それぞれの経緯pp687-692
  4. 育療 35巻[単著]
    2006年 日本肢体不自由児協会 難病や慢性疾患のある子どもの家族に対する看護支援pp16-19
  5. 小児慢性疾患療養育成指導マニュアル[単著]
    2006年 診断と治療社 神経・筋疾患概説pp154-162
  6. 小児看護 29巻8号[単著]
    2006年 へるす出版 小児リハビリテーションにかかわる看護 小児リハビリテーションにおける小児看護 CNSの活動pp1112-1115
  7. 聖路加看護学会誌10(2),23 [単著]
    2007年 聖路加看護学会誌 難病や慢性疾患のある子どもと家族の在宅療養を支えるためにpp136-137
  8. 小児看護 31巻8号[単著]
    2008年 へるす出版 重症心身障害児の栄養管理pp1119-1124
  9. ナースのための早引き子どもの看護与薬・検査・処置ハンドブック 子どもの生活を中心に考えた看護を実践しよう! [単著]
    2009年2月12日 ナツメ社 吸引・肺理学療法pp242~258
  10. 在宅実習ガイド[共著]
    2010年 照林社  子どもの療養者への支援p193~215
  11. 小児看護第34巻第5号 [単著]
    2011年 へるす出版  重症心身障害児の看取りのケアpp594~600
  12. こどもケア2011年第3号[単著]
    2011年 日総研出版 「重症心身障害児の家族の対応と支援」について pp13~15
  13. 訪問看護師のための在宅療育支援マニュアル[単著]
    2011年3月 東京都保健福祉局 発達支援・呼吸障害
  14. 周産期医学43巻11号(11月増大号)2013年11月[単著]
    2013年 東京医学社 NICUからはじまる小児在宅医療小児在宅医療に必要な手技 :経管栄養・胃瘻管理・ストーマケアpp1425~1427
  15. こどもケア2014年第5号[共著]
    2014年 日総研出版 病棟における成長発達を促すケアpp86~89
  16. 重症心身障害児(者)の診 療・看護ケアマニュアル[単著]
    2015年1月5日 診断と治療社 成長発達を促すケアpp252~254
  17. 在宅ケア学[単著]
    2015年7月 在宅ケア学会 重症心身障害における終末期医療と看取りpp2147~2149
  18. 小児内科[単著]
    2015年12月1日 東京医学社 Vol47.No12 子どもの成長発達と教育・きょうだいへの支援
  19. 小児看護[単著]
    2015年9月15日 へるす出版 子どもと家族にとって安全で安心なレスパイトの活用と支援「特集にあたって」p1231
  20. 看護実践のための根拠がわかる小児看護技術[単著]
    2016年1月 メヂカルフレンド社 経管栄養
  21. ケアの基本がわかる重症心身障害児の看護 [編集単著]
    2016年2月9日 へるす出版  呼吸を整えるためのケア p88~89 pp95~100

その他:報告等

  1. 訪問看護ステーションに関わる介護保険サービスにおける看護提供体制のあり方に対する研究—訪問看護ステーションの業務基準に関する検討—[共著]
    2007年3月 社団法人 全国訪問看護事業協会 厚生労働省老人保健事業推進書等補助金(老人保健健康推進等事業)報告書
  2. 重症心身障害児への訪問看護ステーション業務基準を活用した発達支援モデル事業報告書[共著]
    2008年3月 社団法人 全国訪問看護事業協会 平成19年度障害者福祉事業(障害者自立支援調査研究プロジェクト)報告書
  3. 研究成果を実践に根付かせるための専門看護師を活用した臨床—研究連携システムの構築~気管切開を受けた子どもと家族の退院調整ケアを通して~[共著]
    2008年月 兵庫県立看護大学 平成17年~平成19年度科学研究補助金 報告書
  4. 相談支援の機能強化を図るための調査研究事業—医療処置を必要としながら在宅で生活する障害児・者のためのー[共著]
    2009年月 社団法人 全国訪問看護事業協会 平成20年度厚生労働省障害保健福祉推進事業(障害者自立支援調査研究プロジェクト)
  5. 「障害児の地域生活への移行を促進するための調査研究事業」[共著]
    2010年3月 社団法人 全国訪問看護事業協会 平成21年度障害者保健福祉推進事業(障害者自立支援調査研究プロジェクト)
  6. 在宅生活を支える「医療的ケアハンドブック」[共著]
    2013年3月 一般社団法人Kukuru 公益財団法人三菱財団 2013年度在宅医療助成

学会発表

  1. 病院と地域の関係機関との効果的な連携について[共著]
    2003年7月 日本小児看護学会第13回学術集会
  2. 溺水後遺症をもつ子どもの家族への在宅支援~頻回に嘔吐を繰り返す子どもへの援助を通して~[共著]
    2003年9月 第18回関東甲信越静肢体不自由児施設療育研究会
  3. 「気管切開を行って退院する子どもと家族のケアマニュアル」の臨床への導入、および運用方法の検討[共著]
    2008年7月 日本小児看護学会第18回学術集会
  4. 重症心身障害児者への訪問看護提供方法に関する実態調査[共著]
    2010年1月23日~24日 第14回日本在宅ケア学会学術集会
  5. 医療処置が必要な在宅で生活する重症心身障害児・者のための相談マネジメント機能の実態調査[共著]
    2010年1月23日~24日 第14回日本在宅ケア学会学術集会
  6. 経口摂取可能なレスパイト利用者に対するクリニカルパスの作成・運用[共著]
     2010年10月5日~6日 第20回重症心身障害療育学会学術集会
  7. 「気管切開を受けた子どもと家族の退院調整ケアマニュアル」を用いたケア ~ケア導入における小児看護CNSの技術、役割の明確化~[共著]
    2010年6月26日 日本小児看護学会第20回学術集会
  8. 「気管切開を受けた子どもと家族の退院調整ケアマニュアル」を用いたケアの導入が臨床の場にもたらす影響[共著]
    2010年6月26日 日本小児看護学会第20回学術集会
  9. 医療処置を必要としながら在宅で過ごしている小児への訪問看護の実態[共著]
    2011年3月19日~21日 第15回 日本在宅ケア学会学術集会
  10. 医療処置のある乳幼児の在宅移行における多職種連携の実態[共著]
    2011年3月19日~21日 第15回 日本在宅ケア学会学術集会
  11. 重症心身障害児を育てる母親の育児の支えー専門職による育児の支えー[共著]
    2014年9月26日・27日 第40回日本重症心身障害学会学術集会
  12. 気管内吸引カテーテルの在宅での保管方法の変更を提案した際の家族の反応とその背景にあるもの[共著]
    2014年10月2日・3日 第45回日本看護学会ー在宅看護ー学術集会
  13. 看護外来における 重症心身障害児者家族への支援 ~開設から3年が経過した看護外来の経過報告~[単著]
    2017年9月8日・9日 関東甲信越静肢体不自由児施設療育研究会

入学を検討している学生さんへ

在宅看護学は、子どもから大人まで幅広い年齢の対象者をケアしている領域です。看護師が対象者のご自宅に出向き、一人でアセスメントし、ケアを提供できるようになるためには、さまざまな能力を駆使しなければなりません。一歩ずつ、知識と技術を積み上げ、どのようにしたら生活の質を高められる看護が提供できるのか、ご一緒に考えていきませんか。

お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881