看護学部

メニュー

安岡 砂織/講師

氏名

安岡 砂織(YASUOKA SAORI)[博士(看護学)]

専門分野

  • 基礎看護学
  • 感染予防看護学

担当科目

学部

  • 基礎看護学Ⅰ
  • 基礎看護学Ⅱ
  • 基礎看護学Ⅲ
  • 看護過程論
  • 看護学基礎実習
  • 基礎看護学実習
  • 基礎看護学Ⅳ
  • 臨床実践への統合(基礎看護学)
  • 統合実習(基礎看護学)
  • 医療安全論

研究課題・テーマ

研究テーマ

看護学の視点からの医療関連感染予防に関する研究

研究課題

  • 血流感染における透析用カテーテル管理の検討 (2009-2012年度 科研費(若手B))
  • 皮膚細菌侵入による透析用カテーテル関連血流感染予防のための管理方法の開発(2012-2015年度 科研費(基盤C)

研究内容

本研究の目的は、血管内カテーテル由来感染の原因として感染率の高い、血液透析カテーテルに着目し、透析カテーテルの挿入時から透析回路接続、刺入部の消毒時の管理方法の実態を明らかにすることである。管理は、医師・臨床工学技士・看護師の三者を対象に手指衛生や個人保護具の使用状況を観察する。個人保護具の不適切な使用から環境を汚染している場面での細菌学的検索、透析回路接続や刺入部の確実な消毒ができているかを細菌学的に評価し、透析カテーテル由来の感染症が不適切な個人保護具などの物品や環境などが伝播経路となっているか否かを解明し、透析カテーテル管理にかかわる全ての医療従事者の管理方法を検討することである。

主な論文・著書

【刊行論文】
  • 佐藤 えみ,山田 亨,安岡 砂織他3名:人工呼吸管理中患者の頚部の姿勢および体幹との位置関係,東邦看護学会誌,13,31-36,2016.
  • 安岡 砂織,矢野 久子,大橋 靖他4名:短期型血液透析用カテーテル関連血流感染の発生率と患者要因に関する検討,透析会誌,47(10),607-613,2014.
  • 花見 紗代,木村 愛香,安岡 砂織他4名:腎専門病棟における血液透析用カテーテル管理の実態 看護師が行っているカテーテル留置部の観察とドレッシング交換に焦点を当てて, 東邦看護学会誌,11,41-45,2014
  • 山本 法子,安岡 砂織,出野 慶子他3名: 看護大学学生の麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎の抗体価の推移, 東邦看護学会誌,11,15-19,2014.
  • 府川 真理子・安岡 砂織他2名:血液透析援助場面における援助者着用のゴーグルへの血液曝露の実態,東邦看護学会誌,10,23-28,2013.
【著書など】
  • 安岡 砂織:EACIC2015に参加して,CARLISLE,吉田製薬(株),21(1),11,2016.
  • 安岡 砂織:血液透析療法を受ける患者への退院支援, 在宅ケアの感染対策と消毒,幸書房, 10(1),8,2012.
  • 安岡 砂織(分担):ナーシンググラフィカ健康の回復と看護③生体防御機能障害花粉アレルギー患者の看護,メディカ出版,74-80,2013.1.20.
  • 野崎 真奈美・菊地 由美・安岡 砂織:生活者の視点で看護問題が注出できる症状別観察・アセスメント, クリニカルスタディメジカルフレンド社, 53-71, 2011.6,32(6).
【学会発表】
  • Saori Yasuoka, Hisako Yano, Ken Sakai :Infection prevention measures in patients with catheter-related bloodstream infections during temporary hemodialysis, EACIC ,14,48,2015.
  • 安岡 砂織,矢野 久子:血液透析用カテーテル血流感染予防のための伝播経路解析による強化すべき感染予防技術の検討,日本看護学教育学会誌,25,238,2015.
  • 安岡 砂織,矢野 久子,津田 圭一他3名:短期型血液透析用カテーテルにおけるカテーテル関連血流感染症の伝播経路を推察できた1症例、日本透析医学会誌,48(1),794,2015.
  • 安岡 砂織,矢野 久子,松岡 千賀子他4名:2施設における血液透析用カテーテル関連血流感染発症要因の検討 患者要因に焦点を当てて,日本環境感染学会誌,30(1),192,2015.
  • 安岡 砂織,矢野 久子,高野 実他5名:短期型血液透析用カテーテル留置に関する感染予防策の実態, 日本透析医学会誌,47(1),1029,2014.
  • 安岡 砂織,矢野 久子,脇本 寛子他7:血液透析用カテーテル関連血流感染発生の患者要因に関する検討, 日本透析医学会誌,46(1),597,2013.
  • 安岡 砂織,矢野 久子,脇本 寛子他6名:血液透析用カテーテルの細菌付着と挿入時の感染予防策に関する検討, 感染症学雑誌,87(1),139,2013.
お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881