看護学部

メニュー

基礎看護学研究室(Department of Fundamental Nursing)

所属教員

研究室紹介

「基礎看護学研究室」のページへようこそ

基礎看護学研究室では患者さんやそのご家族の健康と自立を促すための基礎的な学問を追及しています。看護学と聞いただけでも専門的な学問のように聞こえるかもしれません。基礎看護学研究室では看護学の入り口として、「看護とは何か」「看護師の役割とは何か」「看護の場とはどのようなところか」「看護の専門的技術とは何か」「患者の人権を守るために必要な看護職の倫理とは何か」など基本的な事柄について学びます。それでは、その内容について簡単に説明しましょう。
「看護とは何か」についてはさまざまな定義がありますが、ナイチンゲールは「よい看護というものは、あらゆる病気に共通するこまごまとしたこと、および一人ひとりの病人に固有のこまごまとしたことを観察すること、ただこの2つだけで成り立っているのである」と書き残しています。健康を損なったり、その危険の高い(ときには死を迎えるときでさえ)人々や家族の安らかな生活を維持促進するために、患者さんや家族の個々の特徴に応じて看護師が行う専門的な援助のことです。そのためには、専門的な「観察」によって「情報」を集め、それを「解釈・判断」した上で「実施」してうまくいっているのか「評価」することがとても大切です。
看護学の基盤をなす基礎看護学では、看護師が患者さんの健康を促進するために使う技術の科学的根拠を検証したり、看護の理論や患者さんが抱える健康上の問題点を解決する方法を学んでいます。たとえば、患者さんにとって居心地のよい安全で快適な環境とは何かを考えたり、患者さんの健康を支えている食事や排泄、睡眠といった日常生活がより安全で安楽でそして自立できるようにどのような援助が必要なのかを考えています。また、患者さんが健康を取り戻すためには、検査や治療を必要とします。しかし、そこにはさまざまなリスク(合併症やミスあるいは感染などの発生)も伴います。基礎看護学では、こうしたリスクを最小に抑え、患者の回復を促進するためにどうすればいいのかということについても考えます。さらに、医療者が専門職としての質の高い医療を提供し続けるために、組織に求められることは何かについても学びます。
集合写真

研究内容

看護技術の科学的根拠の探究

看護技術の中にはまだ根拠がはっきりしていないものもあります。たとえば、どんな枕が健康にとっていいのか、どんな寝返りの仕方がいいのか、人の自然な動きを妨げない方法を人間工学の知識を応用しながら追求しています。

実践能力の育成に向けたユニフュケーション

教師と臨床看護師が連携して少人数型・体験型授業の授業を展開し、患者の看護上の問題点を解決するための方法論や技術を学びます。また、看護のプロとして成長するためにどのような教育が効果的なのか、どのような評価方法があるのかといったことについて研究しています。
さらに、いつでもどこでも学習できるe-ラーニングシステムの開発も手がけ、携帯電話とPCからアクセスして、科目試験や国家試験の学習のために多様なコンテンツを開発して提供しています。
必要物品

感染対策の効果の検討

東邦大学医療センター大森病院看護部を始め大橋病院、佐倉病院とも連携をとりながら臨床での研究を行なっています。病院の感染対策委員会と共同して、感染のリスクを最小に抑える根拠に基づいた業務手順を開発したり、新人教育を手がけたり、種々の感染対策の方法を検討し、効果を検証しています。また、大学院においては感染看護専門看護師の育成も行っています。
感染対策の方法を検討

コミュニケーション能力開発支援プログラムの検討

コミュニケーションスキルが向上すると周囲との関係性が改善されるので、チームワークの促進や働きやすい職場づくりが実現するといわれています。この取り組みでは、学部だけでなく大学院に通う看護師そして東邦大学医療センターの3病院の看護師、看護管理者を対象として、その潜在的な能力を引き出し、各自の目標達成に向けて、働きかけるコミュニケーションスキルをコーチングを通して学びます。また、その効果を検証し、教育支援プログラムの開発も手がけています。
車椅子

産学連携による医慮安全推進プログラムの構築

東邦大学医療センターの3病院、と連携して、医療現場で起こるニアミスや事故の原因の分析方法の開発や対策の効果を検証しています。たとえば、人がどこを見つめているのかといった眼球運動の分析を通して、臨床現場にあるミアミスや事故の危険を予知できるようになるための訓練を開発したり、伝達ミスを防ぐためのコミュニケーションにはどのようなものがあるのか、働きやすい職場のコミュニケーションの特徴は何かなどについて研究しています。
お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881