看護学部

メニュー

山﨑 圭子/准教授

氏名

山﨑 圭子(YAMAZAKI KEIKO)[博士(看護学)]

専門分野

  • 助産学
  • 母性看護学
  • 性・生殖看護学

担当科目

学部

  • 家族看護学Ⅰ
  • 家族看護学Ⅱ
  • 臨床実践への統合
  • ウィメンズ・ヘルス
  • 卒業研究
  • 家族看護学実習
  • 統合実習

大学院

  • 助産学特論Ⅰ
  • 助産学特論Ⅱ
  • 助産学特論Ⅲ
  • 助産学特論Ⅵ
  • 実践助産学特論
  • 性科学特論
  • 助産学課題実習
  • 性・生殖看護学演習Ⅰ
  • 性・生殖看護学演習Ⅱ
  • 実践助産学演習
  • 助産学演習Ⅰ
  • 助産学演習Ⅱ
  • 助産学実習Ⅰ
  • 助産学実習Ⅱ
  • 助産学実習Ⅲ

研究課題・テーマ

  1. 産後の疲労感に関する研究
  2. 産後ケア、子育て支援
  3. 生殖医療に関連した研究(不妊症、がん・生殖医療など)
  4. 中堅助産の育成
  5. 助産師の実践能力評価基準の開発
  6. 妊婦のセルフケア能力を育む研究

研究内容

わが国の出産年齢の上昇は留まるところを知りません。特に、高年出産の女性は、妊娠や出産の経過で異常をきたし易いため、産後の回復が遅れることがあります。強い疲労感を感じながらの育児は、心理的にも大きな負担となり、産後うつ病の引き金になることもあります。そこで、私は、「産後の疲労感」に着目し、抑うつ状態に移行する前に適切なケアを提供するために「産後の疲労感」尺度を開発しました。この尺度は、「産後の疲労感」を測定だけでなく、ケア介入の判断やケアの評価に活用することができます。産後の母親が元気に産褥期・育児期を過ごせるよう、臨床での普及を目指し取り組んでいます。
また、昨今の生殖医療の医療技術の進展は目覚ましく、これに伴って生殖医療を受けるカップルの身体面、心理面、社会面へのケアニーズが高まっています。医師や心理士をはじめ生殖医療に携わる方々と連携しながら、生殖医療におけるケアについても研究しています。

入学を検討している学生さんへ

【学部受験の方へ】

看護に興味をお持ちの皆さん。是非、一度、東邦大学にいらして本学の校風に触れてみてください。私は、本学の学生の心の豊かさを誇りに思っています。看護は人が人に対してケアを行うものです。知識はどこでも学べますが、心を育むことはなかなか難しいものです。看護を目指す第一歩は、お手本となる先輩のいる学校を選ぶことをお勧めします!

【大学院受験の方へ】

あなたの臨床での疑問や悩みについて、大学院の仲間や教員と心おきなくディスカッションしませんか!あなたの中に眠っていた経験や感性が呼び起こされ、自分一人の力では気づくことができない新たな発見ができることでしょう。Let’s do it!

◇助産師コース志望の方へ
 臨床実践での妊産褥婦さんとのかかわりを大切にしながら、母子とその家族の成長のために継続したケアを提供できる助産師を目指して深く学んでいきます。

主な論文・著書

【論文】
  • 山﨑圭子:高年初産婦の産後1か月間の疲労感と抑うつ状態との関連.日本母子看護学会誌,10(2),51-59, 2017
  • 山﨑圭子: がん・生殖医療における多職種間連携の現状と問題点.産婦人科の実際, 64(8), 997-1002.2015
  • K. Yamazaki, M. Saito, S. Azuma: Study reduction in sleep state in primiparous women treated for infertility during rooming-in. Journal of Reproductive Psychology, 1(1), 49-57, 2015.
  • 山﨑圭子,久保絹子,増田知実他:母児同室開始後の母親の睡眠に影響する要因の検討—高年初産婦の睡眠に焦点をあてた検討—.日本母子看護学会誌,8(2),21-30,2015.
  • 山﨑圭子,増田知実,横川リサ他:母児同室を行っている母親の睡眠・覚醒状態とストレス反応との関連.東京母性衛生学会誌,31(1), 23-28, 2015.
  • 山﨑圭子,東園子,増田知実他:感覚距離等分法、SF-36、唾液コルチゾール値を用いた産褥早期の母親の疲労感の評価.東邦看護学会誌,12,7-12,2015.
  • 山﨑圭子,髙木廣文,齋藤益子:産褥早期における「産後の疲労感」尺度の開発と信頼性・妥当性の検討.母性衛生, 55(4), 711-720, 2015.
  • 山﨑圭子, 齋藤益子:「産後の疲労感」の概念分析, 日本母子看護学会誌, 7(2), 1-10, 2013.
  • 山﨑圭子, 齋藤益子:わが国における産後の疲労感に関する文献検討. 日本母子看護学会誌, 6(2) :31-39, 2012.
  • 山﨑圭子, 齋藤益子:妊孕力の低下年齢の認識と妊娠決定尺度との関連. 日本母子看護学会誌, 3(2) :23-31, 2009.
  • 山﨑圭子, 齋藤益子, 遠藤俊子他:妊婦のセルフケア行動を促す母子健康手帳の検討ー妊娠および出産後の経過記録に対する助産師と母親の認識ー. 東邦大学医学部看護学科紀要, 第23号: 23-32, 2009.
  • その他
【著書】
  • 性の健康と相談のためのガイドブック.公益財団法人性の健康医学財団, 中央法規, 東京, 2014.
  • 新版 助産師業務要覧第2版.日本看護協会出版会,東京,2012.
  • ARTを学ぶ, ナースのためのART医学セミナー, 2012.
  • 未来に広がる助産師活動.ペリネイタルケア下記増刊号, 東京,2008.
  • 助産師国家試験予想問題集.クオリティケア,東京, 2009~
【学会発表】
  • 山﨑圭子:高年初産婦とその夫の産後1か月までの育児の実態(第57回日本母性衛生学会総会学術集会)
  • 松永佳子,ケニヨン充子,山﨑圭子,山口哲生:『新生児の泣き』に対する対処行動の獲得:新生児人形を用いたシミュレーション教育のプログラム開発(第3回医療行動分析学研究会)
  • 山﨑圭子,東園子:切迫早産で長期入院を経験した高年初産婦の産後1か月間の育児と疲労感に関する研究-実母とのかかわりに焦点をあてた分析-(第30回日本助産学会学術集会)
  • 山﨑圭子、久保絹子、増田知実他:高年初産婦の「産後の疲労感」と抑うつ状態との関連(第56回日本母性衛生学会学術集会)
  • K. Yamazaki, Y. Matsunaga, Y. Tomioka, et al.: (4) State of Graduate School Training for Midwifery Education for Developing Professional Skills at Toho University ( ICM Asia Pacific Regional Conference 2015 横浜)
  • k. Yamazaki , K. Kubo , T. Masuda : Assessing An Early Postpartum Fatigue: A Study Using the Postpartum Fatigue Scale( ICM Asia Pacific Regional Conference 2015 横浜)
  • 山﨑圭子,久保絹子,増田知実:母児同室後早期の抑うつ状態に影響する要因(第55回日本母性衛生学会学術集会)
  • K. Yamazaki, M. Saito, S. Azuma: Relationship between primipara’s sleep situation in early puerperium and feeling of fatigue(ICM 30th Triennial Congress プラハ)
  • 山﨑圭子、齋藤益子、久保絹子他:母児同室開始後の母親の睡眠状態と健康感との関連 (第54回日本母性衛生学会学術集会)
  • Keiko Yamazaki, Masuko Saito: Situation of sleep of women in the early puerperium and relation to fatigue in Japan (ISPOG 2013 ベルリン)
  • 山﨑圭子、齋藤益子、久保絹子他:母児同室を行う母親が育児に適応していく過程における心身の変化(第53回日本母性衛生学会学術集会)
  • K. Yamazaki, M. Saito, Y. Kimura:Nursing Care learned by Nursery College Students about Patients with “Gender Identity Disorder”(The 12th Asia-Oceania Congress of Sexology 2012 出雲)
【その他】
  • 2016年11月 平成28年度周産期医療研修会3<看護Aコース:産科編>講師「不妊治療を経験した女性へのケア」
  • 2015年12月 山形県母子保健コーディネーター人材養成講演会 「母子保健コーディネーターの実際について」
  • 2015年11月 第42回新潟母性衛生学会学術集会 特別講演 「産後の疲労感」を測る!-エビデンスのある産後ケアを目指して-
  • 2015年11月 第33回日本受精着床学会 総会・学術講演会 ワークショップ「生殖医療における心理的支援の展望-がん生殖を通して-看護職が行う心理的支援の展望」
  • 2013年7月 第49回日本周産期・新生児医学会学術集会シンポジウム「チーム医療と助産師のキャリア形成」
  • 2013年7月 第31回東京母性衛生学会学術集会シンポジウム「不妊治療後の妊娠・出産のケア」
  • 2012年~  東京母性衛生学会「チーム医療推進助産師研修」講師
  • 2012年~  日本生殖医療カウンセリング学会生殖医療相談士養成講座講師
お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881