看護学部

メニュー

松永 佳子/准教授

氏名

松永 佳子(MATSUNAGA YOSHIKO)[博士(看護学)]

専門分野

  • 産褥期のケア

担当科目

学部

  • 家族看護学概論
  • 家族看護学Ⅰ・Ⅱ
  • 家族看護学実習
  • 看護への統合
  • 統合実習
  • 性科学概論
  • 卒業研究

大学院博士前期課程(修士課程)

  • 助産学特論Ⅰ(助産学概論)
  • 助産学特論Ⅳ(産褥期)
  • 助産学特論Ⅴ(新生児期)
  • 助産学特論Ⅷ(助産管理)
  • 助産学実習Ⅳ(助産管理実習)

研究課題・テーマ

  • サービスプロフィットチェーンを援用した産褥期のサービスシステム構築に関する研究
  • 施設助産師による産後1か月の子育て移行期の親子支援モデルの経済評価
  • 施設と地域を連携のためのアクションリサーチ
  • 乳児の泣きに対処するための教材開発
  • 『夫婦のコミュニケーション促進による父親支援プログラム』の開発と社会便益評価

研究内容

98%の女性は、病院や診療所で出産していますが、実は、日本の医療システム(保険制度)の枠の外にあります。逆に言えば、主に周産期のケアを提供している助産師のケアは診療報酬制度にとらわれずに「値段」を設定することが可能です。では、その「値段」はどのように決まっているのだろうか?という疑問が、わたしの研究のスタートでした。それが、助産師の社会的な「価値」につながると思ったからです。ですから世のお母さんたちは、助産師のケアにどのくらいの価値をつけてくれるのだろうか。「お母さん」の視点から「値段」を算出しました。
それから10年、産後のお母さんとその家族により良いケアを提供するためには!ということを模索してきました。わたしは、育児のスタートラインである産後1か月までに助産師としてできることはないか?と常に考えてきました。なぜ1か月か、妊娠して産後1か月までは、多くのお母さんが病院や診療所で継続してケアを受けているからです。
現在は、産後1か月というライフサイクルの移行期をスムースに経過し、産後うつ、児童虐待を予防するために、施設から提供できる支援モデルを試行したいと思っています。そして、施行したモデルを母親そして助産師の双方から評価を行ない、さらに余剰分析をすることで助産師が提供するケアの経済評価をしていきたいと思っています。

入学を検討している学生さんへ

【学部受験の方へ】

わたしは、万国共通の技術の「はず」と思って助産師を目指しました。人間が地球上に生存するためには、「生殖」は不可欠ですから。しかし、それは、とっても傲慢な考えでした。子どもを産んで育ててこと、あたり前ですが、色々なバリエーションがあるのです。「普通に」というのがなんだか分からなくなりほどに。そんな経験から、「対象のことを一番に考えて」という看護でいわれていることは、いったいどういう事なのか?、どうしたらそのように考えてケアを提供できるのかがわからなくなりました。その答えを求めて現在に至っています。そして、今は「縁」があって看護師、助産師を育てる仕事をしています。
このようなわたしの経験をふまえ、わたしが大事にしていることは、「なんでだろう」という素朴な疑問を持ったときに、「そのままにしない」ための「方法」を伝えることです。まだ試行錯誤していることろはありますが。目の前に現実がどうして起こっているのかについて、ほんの少し、掘り下げることができる看護師!になってほしいと思っています。

【大学院受験の方へ】

日々の臨床での経験から新しい「知識」を創りだしてみませんか。
まずは、文献を検索し、その文献をしっかり読む「訓練」をします。それを元に、新しい「知識」を創りだす研究を進められるようにサポートします。このプロセスは、女性が子どもを産み育てるプロセスに似ているように思います。

主な論文・著書

【刊行論文】
  • 松永佳子:お父さんの「父親力」を高める】 父親に対する実践的アプローチ 「第1子を迎える夫婦が互いに期待する役割調整プログラム」の紹介.助産雑誌.68(9):791-794.2014
  • 門馬共代,小林直子,富井秋子,小原雅子,鈴木広子,松永佳子: 時間外勤務に対する意識調査 属性と時間外勤務時間の関係.東邦看護学会誌.11:31-40.2014
  • 松永 佳子:出産後の家事や育児行動に対するカップル間のギャップと関係性満足度.日本母子看護学会誌.7(2):22-32.2014
  • 松永佳子:都内A区における産褥期のサービスに関する情報提供、サービスの利用状況の実際.日本母子看護学会誌.5(2):65-73.2012
  • 宮岡久子,深澤洋子,藤本薫,中北充子,松永佳子:NICUに入院した児を持つ母親と健常児を持つ母親の母子保健サービスについての認知・利用状況と希望するサービスの比較.弘前医療福祉大学紀要. 1(1):31-36.2010.
  • 奥 美,井部俊子,柳井晴夫,中村綾子,石崎民子,太田加世,笠松由佳,佐々木菜名代,高井今日子,平山恵子,松永佳子,三笘里香,渡邊千登世:看護管理実践のための自己評価指標(MaIN)改訂版の信頼性と妥当性の検討.聖路加看護学会誌.15(2):16-25.2011
  • 松永佳子:助産師により提供される産褥期のケアに関する文献検討.日本母子看護学会誌.4(2):23-30.2010
  • 松永佳子,齋藤益子,宮本郁子,米山万里枝,木村好秀:リプロヘルス・温故知新(第8回) ドイツに学ぶ ドイツの育児支援とハイリスク母子対策.助産雑誌.64(8):744-748.2010
  • 松永佳子:産後1か月の女性が受けたと認識しているサポートと希望するサポート.東邦大学医学部看護学科紀要.22:17-26.2008
  • 松永佳子:産後の女性が受容できると推定される産後サービスの価格算出 PSM(Price Sensitivity Measurement)分析を用いて.母性衛生.50(1):118-124.2009
【著書】
  • 写真とCDでわかる周産期ケアマニュアル(2010版)(分担)(立岡弓子編)p159-162
  • 写真とCDでわかる周産期ケアマニュアル第2版(分担)(立岡弓子編)p.188~192
【学会発表】
  • 松永佳子, 岩崎和代:「第1子を迎える夫婦が互いに期待する役割調整プログラム」の仮想的評価.日本母子看護学会誌.8(1):47.2014
  • 岩崎和代,松永佳子: 子宮がん検診率を高めるための環境要件.日本母子看護学会誌: 8(1):43.2014
  • 松永佳子,岩崎和代,加藤千晶:出産後1ヵ月の父親の家事・育児行動の実際と母親の満足度.母性衛生.54(3):317.2013
  • 松永佳子,岩崎和代,加藤千晶: 第1子を迎える夫婦が互いに期待する役割遂行のためのプログラムの評価 プログラム実施後1週間の変化.日本母子看護学会誌7(1):42.2013.
  • 松永佳子,高橋慶子,東園子,齋藤益子:大学院と統合カリキュラムでの助産師国家試験正解率の相違点.東京母性衛生学会誌.30(Suppl.1):S27.2013
  • 松永佳子,岩崎和代: 子どもを迎えて1ヵ月の父親の生活.母性衛生53(3):299.2012
  • 松永佳子: 第1子を迎えた両親が産後1ヵ月間に感じていること.日本母子看護学会誌.6(1):30.2012
お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881