大学院

メニュー

性・生殖看護分野

指導教員名

研究指導の概要

リプロダクティブヘルスライツの理念に基づき性と生殖の視点から、人工妊娠中絶、性感染症などの問題、高度生殖医療に伴う女性の心理社会的問題や周産期の母子や育児をとりまく諸問題を分析し、女性のライフサイクルに応じた健康教育プログラムの開発など性の健康増進に寄与する実践的研究指導を行う。

分野紹介

近年の社会構造の変化は、生涯をとおしての女性のライフスタイルに大きく影響し、さらに子どもに変化を及ぼしている。女性のライフサイクルとの関わりで看護を深く探究し、これに関わる実践能力を開発する。
科目として、リプロダクティブヘルス特論I(周産期・育児期の母子の特性と健康問題)、リプロダクティブヘルス特論II(女性のライフサイクルと健康問題)、リプロダクティブヘルス特論III(地域の母子の健康増進と社会資源・施策)、リプロダクティブヘルス演習I(周産期・育児期の母子の援助)、リプロダクティブヘルス演習II(女性のライフサイクル全般への援助)、リプロダクティブヘルス演習III(女性の健康増進と社会資源・施策)の6科目(各2単位)を開講する。リプロダクティブヘルス分野で修士論文を作成する学生には、特論4単位と演習4単位を必修とする。

研究内容

若年者の人工妊娠中絶の増加と避妊の問題、性行動とクラミジア感染症などの性感染症の問題、マイノリティの性の諸問題などセクシュアリティに関する諸問題を分析・検討し、思春期からの健康教育のあり方と看護の役割について考察し、性の健康増進に寄与する研究指導を行う。また、よりよい出産のあり方や周産期のケアの質の向上を目指して助産師のケアの評価や新しいケアの開発に関する研究指導を行う。
リプロダクティブヘルスの理念を基盤に、我が国の母子保健上の問題の背景にある様々な要因の探究や、母子保健の更なる向上を目指した援助システムの開発などを研究テーマとし、その研究テーマの明確化、研究デザインの決定、計画書の作成、データの収集方法と分析方法などについて学習し、論文の作成まで一連の研究が遂行できる能力を養う。
性・生殖看護分野に修論コースと実践助産学コースを開講する。実践助産学コースには、助産師コース(助産師国家試験受験資格の取得)、臨床実践コース(助産師資格取得者)の課程を置いています。

実践助産学コースについて

性・生殖看護分野に修論コースと実践助産学コースを開講する。実践助産学コースには、助産師コース(助産師国家試験受験資格の取得)、臨床実践コース(助産師資格取得者)の課程を置いています。

実践助産学 科目担当教員

准教授 松永佳子
准教授 山﨑圭子
講師 ケニヨン充子

実践助産学 助産師コース(助産師国家試験受験資格の取得)

共通
科目
生殖医学特論
性科学特論
研究 看護研究法 看護学特別研究
(助産学課題実習です)



性・生殖看護学特論Ⅰ
性・生殖看護学特論Ⅱ
助産学特論Ⅰ(助産学概論)
助産学特論Ⅱ(妊娠期の診断とケア)
助産学特論Ⅲ(分娩期の診断と技術)
助産学特論Ⅳ(産褥期の診断と技術)
助産学特論Ⅴ(新生児の診断とケア)
助産学特論Ⅵ(乳幼児の成長発達と育児支援)
助産学特論Ⅶ(コミュニティヘルス論)
性・生殖看護学演習Ⅰ
性・生殖看護学演習Ⅱ
助産学特論Ⅷ(助産管理)
助産学演習Ⅰ(妊娠・産褥・新生児の診断と技術)
助産学演習Ⅱ(分娩期の診断とケア)
助産学実習Ⅰ(継続事例実習)
助産学実習Ⅱ(分娩介助実習)
助産学実習Ⅲ(コミュニティヘルス)
助産学実習Ⅳ(助産管理)
助産学課題実習
*実習施設は東邦大学大森医療センター、日本赤十字大森病院他とする。

実践助産学 臨床実践コース(助産師有資格者)

研究 看護研究法 看護学特別研究
(助産学課題実習です)



性・生殖看護学特論Ⅰ
性・生殖看護学特論Ⅱ
実践助産学特論
性・生殖看護学演習Ⅰ
性・生殖看護学演習Ⅱ
実践助産学演習
助産学課題実習
*実習施設は周産期医療施設、診療所、助産所とする。

過去の修士論文

年度 学生氏名 修士論文テーマ 指導教員
2012年度 木村淑美 妊娠中から産後1ヶ月までの「はらおび」や食事にまつわる慣習についての認識と実際 齋藤益子
2011年度 山口由香 出産後の母親が肯定的・否定的な感情を持った看護職者の言葉や態度 齋藤益子
2010年度 浅井文恵 保健機関で勤務する助産師の児童虐待予防にむけた母子への着目点 齋藤益子
2010年度 高橋慶子 助産師の専門職意識と院内助産システムに対する役割遂行との関係に関する研究 齋藤益子
2010年度 松岡泉 褥婦の体重変化に及ぼす要因の検討 齋藤益子
2009年度 國井絹子 高齢で初産を迎えた女性が産後の入院中にたどる母親役割獲得過程に関する研究 —育児技術習得の過程— 齋藤益子
2009年度 志村智絵 不妊治療後に妊娠した女性の治療中の医療者との関わりに対する思い 齋藤益子
2008年度 飯塚敏子 女子大学生の性の意義の認識と避妊行動との関係 齋藤益子
2008年度 在本祐子 未婚女性の生殖の知識とライフプランとの関連 齋藤益子
2007年度 北川良子 助産師の出産育児と就業継続の関連要因 宮岡久子
2007年度 宍戸章予 親の性知識・性意識を育む教育プログラムの評価 齋藤益子
2007年度 山﨑圭子 妊婦のリプロダクティブ・ヘルス/ライツに対する認識と子どもへの価値観に関する研究 齋藤益子
2007年度 渡辺久枝 第2子の出産に上の子どもを立ち会わせた母の想い 齋藤益子

過去の課題研究論文テーマ

年度 学生氏名 課題研究論文テーマ 指導教員
2012年度 大森温子 バースプランを立案した予定帝王切開を受けた女性の出産体験 齋藤益子
2012年度 佐藤恵美 無痛分娩を選択した産婦の心理 -選択理由と満足感に焦点をあてて- 齋藤益子
2012年度 高橋愛美 産褥期に母親が抱える不安や育児への思い 齋藤益子
2012年度 疋田仁美 助産所で妊娠期から行われている母乳育児のためのケア 齋藤益子
2012年度 山﨑直美 陣痛促進剤を使用する産婦の心理 齋藤益子