看護学部

メニュー

『身だしなみ講座』が開催されました(自治会厚生委員会主催)

7月26日(水)、看護学部2年生を対象とした「身だしなみの重要性」について、東邦大学医療センター大森病院の稗田副看護部長、卒後1年目・卒後3年目の看護師の方から講義をいただきました。「身だしなみ講座」は戴帽式を終えた看護学部2年生が、秋学期の基礎実習にむけて身だしなみの準備ができるよう、厚生委員会(学生自治会)が開催するものです。身だしなみを整える重要性や、身だしなみとおしゃれの違いについてご説明がありました。また、看護学生が対象とする目上の方(患者さん・ご家族・先輩看護師)への態度や振る舞いについてもお話しいただきました。
不衛生な衣服の着用や髪形をすることで、自身が感染の媒介者になることや、香り付きのハンドクリームは抗がん剤治療中の患者様にも影響をもたらす可能性があることもご説明がありました。学生はチェックポイントを一緒に確認しながら、看護師さんが普段心掛けている具体的な配慮への知見が深まりました。
今回の講座を通し、秋学期の実習にむけて、各自が気持ちを引き締め、実習にのぞむ姿勢がみられました。
『身だしなみ講座』が開催されました(自治会厚生委員会主催)
お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881