看護学部

メニュー

カリキュラム・ポリシー

カリキュラム編成および学修方法

「豊かな人間性をそなえた良き医療人」の育成を目指し、特色ある教育を行っています。学生が自立して自主的に学ぶ学習方法を身につけていけるように、以下のようなカリキュラム編成をしています。
  1. 医療人としての根源的なあり方や態度を「医療人間論」で学び、チームで取り組む「文化講座」「自然体験学習」「日本文化研修」などの体験型科目をとおして豊かな人間性を養い、感性を培います。
  2. 全学年において英語を学び、さらに海外での研修および交流の機会をとおして、異なる文化やその歴史を理解することにより、国際感覚を養います。
  3. 基礎領域では、看護学を学ぶうえで基盤となる「人体の構造と機能」「病態と治療」「人体と薬物」などを学びます。2年次終了時までに、これらの必修科目を修得したうえで、3年次の臨地実習に臨むことができます。
  4. 専門領域では、基礎看護学をはじめ、成人看護学、高齢者看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、がん看護学、在宅看護学、公衆衛生看護学、国際看護学の講義・演習をとおして看護の知識と基礎的な技術を修得します。グループワークやディスカッションなどをとおして視野を深めます。
  5. 1年次に多様な看護の場を知る「看護学基礎実習」を行い、看護学を学ぶ動機づけを行います。そのうえで、2、3年次の専門領域の実習(基礎・成人・高齢者・小児・母性・精神・がん看護学)へ進み、看護実践能力の段階的向上を図っています。学習進度に応じた実習指導が受けられるように少人数の実習グループで学びます。
  6. 生命と社会を脅かす感染症に対して、根拠をもって予防および対処ができるように、2年次に「感染と防御」「感染制御学」を配置し、講義だけでなく実験をとおして学び、看護が展開される場で活用できる実践力を養います。
  7. 統合領域では、公衆衛生看護・在宅看護・国際看護の理論と実践をとおして、地域社会や世界の保健・医療・福祉の発展に貢献できる実践力と判断力を養うとともに、包括的な視点から看護をとらえる姿勢を身につけます。
  8. 論理的・科学的思考力を高めるために、研究方法を学び、4年次に卒業研究を行い、看護学の発展に貢献できる基礎的な研究能力を養います。
  9. 専門科目の講義・演習や臨地実習での体験、および4年次の「看護倫理学」をとおして、医療人として重要な倫理観を養います。

初年次教育

初年次の4月初旬に宿泊研修を行い、教育理念・目標を理解し、本学部の学生としてふさわしい姿勢、学習態度および卒業時までに身につけておくべき能力について考える機会を設定しています。
大学生として必要な文献検索、レポートの書き方、情報リスク管理、プレゼンテーション技法などを学びます。
お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881