看護学部

メニュー

学部の特色・目的

人材の養成に関する目的/教育研究上の目的

【人材の養成に関する目的】
看護学部は、本学の「かけがえのない自然と人間を守る」という教育理念に則り、長く受け継がれた看護教育の文化や歴史を継承するとともに、知的探究心を持った誠実で思いやりのある調和のとれた看護実践者の育成を図る。さらに、社会の構成員としてその使命を自覚し、自然、生命、人間に対して畏敬の念を持ち、人間の生命の尊厳と権利の尊重を基盤として、医療人としてすべての人々を公平に受容しうる自主の精神に充ちた心身ともに健康で感性豊かな人間性の育成を図り、国際的な感覚を身につけ、地球規模で思考し、保健・医療の発展に貢献できる人材を育成する。

【教育研究上の目的】
看護学部では人材の養成に関する目的を達成するために、深い人間愛を持ち、創造的、全人的見方のできる看護職に必要な品性・知性・感性を養う多様な看護教育および人間教育を提供すると共に看護学の発展に貢献するため、科学的な研究態度を有し、新たな知的財産の獲得を常に目指した実践と研究を推進する。

専門性+人間性を培う東邦大学看護学部の教育

看護のスペシャリストとなるためには、まず、患者さんの気持ちを感じ取れる人間性や社会性が必要です。まずは、それらを育む一般教育領域や基礎領域の科目を十分に学びます。このベースを築いた上に、看護の基礎から各専門領域へ着実にステップを進められるカリキュラムを用意しています。より豊かな人間力を備えた人材の育成、高度専門化する医療への対応、看護の多様化・広域化への対応を図っています。

修得すべき知識と能力・教育の魅力

人間性の形成

看護学部では看護の専門知識だけでなく、文化講座や自然体験学習、日本文化研修等を通して、豊かな人間性、社会性を養います。

国際感覚の育成

国際感覚を育むため、多彩な語学の科目が用意されています。また、専門領域では国際看護学を開講しています。

感染関連科目の充実

感染制御に対する知識は非常に重要性を増しています。看護学部では「感染と防御」を開講、感染症に対する理解と感染予防措置教育を徹底しています。

がん看護の専門教育

カリキュラムの看護学専門領域に、「がん」の専門分野を配置しています。大学院では、がん看護専門看護師(CNS)の資格取得もめざせます。

本学ならではの病院実習で高まる実践力

大森病院

指導者の経験だけを頼りに指導するのではなく、看護学部・3つの付属病院・看護部・看護キャリア支援センター等の連携で組み上げられた組織的な病院実習の上に、指導者の指導力があいまってこそ、学生の実践力が高まります。

手厚い支援で高まる成長力

例えば、病院実習時には、看護学部の専任教員が付き添い、病院内の実習指導員とともに適切な支援が行われます。一人ひとり状況の異なる患者さんの対応では、より手厚い実習へのアドバイスが、実習学生の成長を最大限に促進させます。

卒業研究から育む論理力

卒業研究発表会

看護教育では重要でありながら、実習時間の関係などで省かれがちな卒業研究。本学では、看護師としての自己問題発見解決能力や論理の組み立てなど、学ぶことが多いため、卒業研究を必修科目として学び、論理力を高めます。

お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881