医学部

メニュー

レジオネラ属菌尿中抗原検出試薬の評価及び改良研究

この度、東邦大学医学部微生物・感染症学講座において、「新規迅速検査キットであるレジオネラ属菌尿中抗原検出キットの基礎的検討」を実施することになりました。
この研究の目的は、レジオネラ属菌による肺炎が疑われる患者様の診断目的で実施される尿中抗原迅速検出キットについて、開発中のキットの性能を評価することです。
レジオネラ属菌による肺炎が疑われる患者様について、尿検体を用いた尿中抗原迅速検出キットによる診断は東邦大学医療センター大森病院の総合診療部・呼吸器内科・小児科の日常診療ですでに広く行われています。本研究では、この検査に提出された尿検体の余りを利用して、開発中のキットの性能を評価します。結果は患者様の情報を含まず、個人を特定できるような情報が外部に漏れることは一切ありません。
今回の研究で得られた結果に関しては、医学的な専門学会や専門雑誌等で報告されることがあります。
また、ご自身やご家族で当時の臨床データを研究に利用することを承諾されない方は下記にご連絡下さい。
この件に関しましてご質問などがございましたら以下にお尋ねください。
東邦大学医学部微生物・感染症学講座
研究責任者 石井良和
連絡先 03-3762-4151(代表)
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151