医学部

メニュー

全自動尿中有形成分分析装置を用いたグラム陽性菌/陰性菌の識別性能の確認に関する研究

研究の背景および目的

膀胱炎などの細菌による感染症の検査に用いられる顕微鏡による検査は、起炎菌を早く見つけ、治療薬を選択する上で重要な検査です。しかしながら、難しい技術が必要である事や、判断にも経験が必要で検査担当者の力量が検査結果を大きく左右します。したがって、より簡便で迅速に結果の判定が可能で、且つ客観性の高い手法が望まれています。
そこで、東邦大学医学部 微生物・感染症学講座は、シスメックス株式会社が開発中の全自動尿中有形成分分析装置による検査結果と従来の検査方法との性能を比較検討し、さらに新たな検査法が精度と客観性について確認・検証することを目的として本研究を計画しました。
この研究で得られる成果は、微生物検査における検査効率の向上と高精度化により、患者様の治療効果の向上に繋がることが期待されます。

研究対象および方法

この研究は、東邦大学医学部倫理委員会の承認を得て実施するものです。

2016年10月~2017年9月までに東邦大学医療センター大森病院において、細菌検査の目的で提出された残りの尿(約200検体)を使って研究を行います。研究に使用しました一部の尿においては、検体に含まれる細菌の遺伝子情報についての分析が実施されますが、分析対象は細菌に限定したものであり、患者様の遺伝子情報を分析するものではありません。
今回の研究で得られた成果を、医学的な専門学会や専門雑誌等で報告することがありますが、個人を特定できるような情報が外部に漏れることは一切ありません。

本研究に関してご質問のある方、本研究に提出された尿の利用を承諾されない方は、下記までご連絡下さい。

連絡先および担当者

東邦大学医学部微生物・感染症学講座
職位・氏名: 教授 石井 良和
電話: 03-3762-4151 内線2398
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151