医学部

メニュー

泌尿器科学講座(大橋)

所属教員名

関戸 哲利 / 教 授 
竹内 康晴 / 講 師
澤田 喜友 / 助 教
新津 靖雄 / 助 教

運営責任者

講座の概要

東邦大学医療センター大橋病院泌尿器科は、昭和39年 (1964年) 大橋病院開院とともに開設されました。平成4年(1992年)松島正浩教授が初代教授に就任、平成19年(2007年)第二代 三浦一陽教授が就任され、平成24年 (2012年) 1月に第三代教授として関戸哲利教授が赴任し、現在に至っております。松島先生は、「膀胱発癌に対するtryptophan代謝」などについて研究され、東邦大学大橋病院長、医学部長を歴任されました。三浦先生は、「不妊症治療」や「男性性機能」について研究され、東邦大学大森病院リプロダクションセンター長を歴任されました。関戸教授は泌尿器科学の中の柱の一つである「下部尿路機能障害」の研究を専門としております。この分野の研究は高齢化が急速に進む本邦において益々重要性が増すものと思われます。大橋病院泌尿器科発として国内はもとより国際的にも評価される情報発信を泌尿器科一丸となって行って行きたいと考えています。

研究の概要

(ア) 低活動膀胱に対する診断、治療に関する検討
 神経因性排尿筋低活動(detrusor underactivity, DU)の原因としては、核下型神経因性膀胱、中でも腰部脊柱管狭窄症(Lumber canal stenosis, LCS)に代表される馬尾神経障害があります。LCSの動物モデルとして、Takenobuらが報告したシリコンラバー2個をラットのL4~L6レベルの硬膜外に挿入し馬尾神経を圧迫するモデル(LCSラット)は、整形外科的領域などでも用いられています。(J Neurosci Methods 2011)。LCSラットでは、トレッドミル負荷を行うと神経因性間欠性跛行に相当する状態が再現されます。LCSラットを用いたDUの研究においては、L5/6にシリコンラバー1個を挿入したモデルを用いたところ(NUD2012)、代謝ケージでの残量率は約70~90%、覚醒下膀胱内圧測定での排尿時膀胱内圧は60%以下、in vitro収縮実験ではKCLとカルバコールに対する反応は保たれ経壁電気刺激に対する反応の亢進が認められました。LCSラットにタムスロシンとジスチグミンを投与すると、排尿時膀胱内圧には変化を認めず、膀胱容量と残尿量が有意に低下しました(Urology 2014)。尿道内圧については、タムスロシン投与で有意に低下しましたが、ジスチグミン投与での変化は認められませんでした(J Urol 2016)。PGE2受容体であるEP2とEP3受容体の両者にアゴニスト作用のある薬剤(ONO-8055)を投与すると、膀胱容量、排尿時膀胱内圧、残尿量、尿道内圧が優位に低下しました(J Uro 2016)。薬物療法によって、協調性のある有効な収縮を膀胱に生じさせるのは困難ですが、膀胱求心路と尿道平滑筋は治療標的になりうると考えられました。

(イ) 前立腺全摘標本のマッピングに基づく前立腺生検法についての検討
 前立腺癌の診断における前立腺生検の診断精度の向上のために、近年、採取本数は増加する傾向にあります。6ヵ所生検と比べ12カ所生検では癌検出率は31%上昇するとされ、さらに移行部領域を含めた20ヵ所以上のsaturation biopsyによる癌検出率向上も報告されています。一方、生検と前立腺全摘標本での癌の局在とを関係を検討した報は少ないため、生検で見落とされやすい病巣の局在を明らかにすることを目的として、前立腺全摘標本における癌病巣のマッピングと前立腺針生検結果の関係を検討しました。その結果、経直腸エコーガイド下前立腺生検では、移行部、尖部ならびに辺縁外側部を適切に採取することが診断率の向上につながるとの結論を得ました。

(ウ) 膀胱癌に対するセカンドTURBTに関する検討
膀胱癌に対する、初回の経尿道的膀胱腫瘍切除(TURBT)後に、同部位に再度切除術を施行するセカンドTURBTは、T1あるいはTa高グレード腫瘍に対する、より正確な病理評価を行う上での重要な手術です。セカンドTURBTは病理組織診断の向上に寄与し、より完全な腫瘍切除が可能となります。当科でのセコンドTURBT症例における検討を実施したところ、腫瘍残存率25%、筋層浸潤癌へのアップステージ無しとの結果でした。我々の考察として、3cm以上の腫瘍では腫瘍基部と周囲まで含めたTURを行う必要がある一方、3cm未満の腫瘍では初回TURで筋層を含む十分な切除が行われていればセカンドTURの診断・治療的意義は限定的であると考えられました。

(エ) 骨盤臓器脱におけるLUTSのメカニズムの検討
LUTS (Lower Urinary Tract Symptoms)はPOP(pelvic organ prolapse)の主要症状の一つであり、その評価は重要です。POPとLUTSに関してcine MRI画像を用いたPOP評価とLUTSとの関係を評価した研究は余りなされていません。Cine MRIを用いたPOPの形状とLUTSの関係を詳細に検討することで、POPにおけるLUTSの病態解明に繋がると考えられます。

代表論文

  1. Sekido N†, Kida J†, Mashimo H†, Wakamatsu D†, Okada H†, Matsuya H†: Promising Effects of a Novel EP2 and EP3 Receptor Dual Agonist, ONO-8055, on Neurogenic Underactive Bladder in a Rat Lumbar Canal Stenosis Model. The Journal of urology. 196 (2) :609 - 616 , 2016
  2. Sekido N†, Kida J†, Wakamatsu D†, Okada H †, Matsuya H†: Effects of α1 Antagonist and Cholinesterase Inhibitor on Cystometric Parameters in Lumbar Canal Stenosis Rats With Underactive Bladder. Urology 84 (5) :1248.e9 -1248.e15 , 2014
  3. 関戸哲利: 癌治療と尿路管理; 尿管閉塞と神経因性膀胱への対処. 癌と化学療法 39(13): 2445 -2450, 2012.
  4. Sekido N†, Jyoraku A, Okada H, Wakamatsu D, Matsuya H, Nishiyama H: A novel animal model of underactive bladder: analysis of lower urinary tract function in a rat lumbar canal stenosis model. Neurourology and urodynamics 31 (7) :1190 -1196 , 2012
  5. Sekido N: Bladder contractility and urethral resistance relation: what does a pressure flow study tell us? Int J Urol. 19(3):216-228, 2012
  6. Sekido N, Jyoraku A, Okada H, Wakamatsu D, Matsuya H, Nishiyama H: A novel animal model of underactive bladder: analysis of lower urinary tract function in a rat lumbar canal stenosis model. Neurourol Urodyn. 31(7):1190-1196, 2012
  7. Sekido N, Hinotsu S, Kawai K, Shimazui T, Akaza H:How many uncomplicated male and female overactive bladder patients reveal detrusor overactivity during urodynamic study? Int J Urol 13(10):1276-1279, 2006
  8. 関戸哲利,服部一紀,常樂 晃,河合弘二,島居 徹,赤座英之:膀胱機能再生へのアプローチ BAMGを用いた膀胱再生ラット正常および病的膀胱に対するBAMGを用いた検討から.泌尿器外科 18:1181-1188, 2005
  9. 竹内康晴†,関戸哲利†,金野紅†,澤田喜友†,黒田加奈美†,大原関利章†: 経直腸的系統的前立腺12か所生検結果と全摘標本における癌病巣の比較検討:針生検で見落とされ易い病巣の局在について. 泌尿器科紀要 61 (6) :235 -239 , 2015

教育の概要

学部

当面の重要な目標である医師国家試験合格に必要な学力を涵養するための講義あるいは臨床実習指導が必要であると考えています。学部講義及び臨床実習のクルズス(尿路性器腫瘍、下部尿路機能障害)においてはその辺を意識した講義をしております。一方、大学教育はその後の医師としての方向付けの端緒となる重要な時期でもあります。優れた臨床医という観点からは、「情報を適切に収集・処理し最も妥当な方針を立案・遂行可能な医師」となれる様な人材を育成する事が医学部教育の目標であると考えます。このためには、ある疾患の診断や治療方針決定に至る「思考過程」を体得させる教育が重要です。コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の涵養を伴う「問題解決型」の教育を学生に対して行う事により、このような能力を有する人材が育成されると伴に、卒後の実地臨床あるいは研究に対するモチベーションを高める事が期待出来ると考えています。同時に問題解決型の教育は近年の国家試験の出題傾向の観点から、国家試験合格にも重要であると考えています。また、体験型実習が学生には有益であると思われ、臨床実習中にドライボックスを用いた腹腔鏡下縫合・結紮の実習と導尿シミュレーターを用いた導尿実習を実施しております。日々の病棟回診、外来診療、手術見学、カンファランス、試問などではこの点に留意した診療姿勢で臨み、実地指導を行います。

担当科目
精巣腫瘍・尿路上皮腫瘍 東邦大学医学部4年生
尿路性器腫瘍 東邦大学医学部5, 6年生(臨床実習時クルズス)
下部尿路機能障害 東邦大学医学部5, 6年生(臨床実習時クルズス)
ドライボックス縫合結紮 東邦大学医学部5, 6年生(臨床実習時クルズス)
導尿シミュレーター実習 東邦大学医学部5, 6年生(臨床実習時クルズス)
膀胱鏡シミュレーター実習 東邦大学医学部5, 6年生(臨床実習時クルズス)
下部尿路機能障害概論 東邦大学大学院生殖生理情報コース
教授試問 東邦大学医学部5, 6年生(臨床実習時試験として)

大学院

卒後10年目位までの時期はエビデンスに立脚した診療を習得する事が必要な一方、さらに、そこから発展して次の10年間でどのような医師に成長するかを思索する事も重要であると思います。国内はもとより国際的な学術集会への参加・発表、論文発表、施設間交流を充実させ、大学院進学のチャンスを与える事を通して広い視野を持った専門医・指導医を育成したいと考えています。
研究テーマとして、関戸の専門である「排尿障害」については、いまだ病態の定義が曖昧で診断や治療も未確立な「低活動膀胱」の基礎・臨床研究に取り組んでおります。基礎研究においては病態モデルの確立に一定の成果が得られて来ております。低活動膀胱に対する新規治療法の開発に向けた病態モデルを用いた研究を発展させたいと考えています。また、臨床研究においては骨盤内悪性腫瘍手術後の低活動膀胱の研究を継続しております。低活動膀胱はその診断基準が未確立であることが、実際の診療はもとより大規模臨床試験実施において大きな妨げとなっております。国際的にもこの点はクローズアップされつつあり、国際失禁会議の下部組織としてこの問題を討議するシンクタンクが立ち上がったりしております。このため、今後の臨床研究においてはこれまでの尿流動態検査などから得られたデータに基づく低活動膀胱診断基準の作成や排尿管理法の標準化を図りたいと考えています。
 この他のテーマとして、cine MRI上の骨盤臓器脱の形状と下部尿路症状との関係に関する研究にも取り組んでいます。

医学研究科博士課程のカリキュラム詳細については以下参照願います。
http://www.toho-u.ac.jp/med/graduate/medgrad_major.html

診療の概要

 当泌尿器科学講座では、泌尿器疾患全般の診断・治療を行っています。
大橋病院泌尿器科では大橋病院泌尿器科スタッフの執筆による診療マニュアル(http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/urology/trainee/index.html)に従った診療をしています。指導医毎に方針が異なるということは無く、エビデンスに基づき科として統一された最新・最善の泌尿器科診療を実践しております。
 診療内容としては、尿路結石や尿路感染症など頻度の高い病気から、腎癌下大静脈浸潤や精巣癌に対する後腹膜リンパ節郭清術など難易度の高い手術まで対応しています。また神経因性膀胱や尿失禁、骨盤臓器脱、前立腺肥大症などを含む排尿障害分野の専門治療も実施しています。具体的には、排尿機能外来と女性専門外来の特殊外来を開設、尿流動態検査(排尿機能検査) 、また前立腺肥大症に対する経尿道的レーザー前立腺核出術(HOLEP)の導入などによって排尿障害診療の充実を図っております。女性腹圧性尿失禁に対するTVT手術、TOT手術や骨盤臓器脱に対するTVM手術など新しい治療も導入しております。副腎腫瘍や腎腫瘍に対しては低侵襲である腹腔鏡手術を第一選択にしております。前立腺癌に対しては大森病院と協力し、ダビンチシステムによるロボット補助下手術も導入いたしました。腎尿管結石に対しては軟性尿管鏡を用いた内視鏡手術(f-TUL)や経皮的腎結石砕石術(PNL)を積極的に実施しております。
 診療の詳細は以下病院HP参照願います。
 http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/urology/guide/index.html

その他

社会貢献

腹腔鏡ドライボックストレーニング・ウエットラボトレーニング指導
中学生対象の内視鏡に関する特別授業
市民公開講座
医師会生涯教育セミナー
ラジオ放送(文化放送)による泌尿器科疾患啓発
東邦大学医療センター大橋病院泌尿器科レジデントマニュアル作成

学会活動

日本泌尿器科学会代議員
日本排尿機能学会理事
日本脊髄障害医学会理事
日本老年泌尿器科学会評議員
過活動膀胱診療ガイドライン作成委員
慢性期脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドライン委員
パーキンソン病における下部尿路障害診療ガイドライン委員
二分脊椎に伴う下部尿路機能障害の診療ガイドライン委員
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151