医学部

メニュー

内科学講座呼吸器内科学分野(佐倉)

所属教員名

松澤 康雄 / 講 師
熊野 浩太郎/ 臨床教授
岡田 倫明 / 助 教
力武 はぎの/ 助 教
吉田 正  / 助 教
入江 珠子 / 助 教
早川 翔  / 助 教

研究の概要

2016年度に論文化、学会発表、研究会での発表のいずれかを行った研究テーマは以下の通りである。
  1. 酸化ストレスと呼吸器疾患の関わり
    特発性肺線維症の経時的増悪と血清酸化ストレス値の変化
    特発性肺線維症急性増悪における血清酸化ストレス値の変化
    肺がん化学療法前後における酸化ストレス値の変化
    抗酸菌感染症における血清酸化ストレス値
    培養肺胞上皮Ⅱ型細胞における肺障害に対する抗酸化剤PC-SODの効果
  2. 特発性肺線維症急性増悪と血液凝固異常
    特発性肺線維症急性増悪におけるrhTM製剤の効果
  3. 肺扁平上皮癌患者に対するS-1/CDGP併用療法の有効性と安全性を検討する第Ⅱ相臨床試験
  4. 免疫チェックポイント阻害剤投与前後における自己抗体の陽性化
  5. 特発性肺線維症におけるLR11の関与
  6. 抗酸菌感染症と血清LR11
  7. パルボウイルスB19感染症の臨床像

代表論文

  1. Kawashima T, Matsumura R, Umemiya K,Kawashima S,Kikkawa K,Nishi Y, Goto T,Matuzawa Y,Tomioka H,Yamakawa H:Expression of TNF-related Apoptosis-inducing Ligand(TRAIL) and TRAIL Receptor 1 on Cancer and Normal Tissues in Patients with Non-small Cell Lung Cancer.肺癌 46:321-327,2006
  2. Nishi Y, Sano H, Kawashima T, Okada N, Kuroda T, Kikkawa K, Kawashima S, Tanabe M, Goto T, Matsuzawa Y, Matsumura R, Tomioka H, F. T. Liu, and Shirai K: Role of galectin-3 in human pulmonary fibrosis. Allergology international official journal of the Japanese Society of Allergology 56:57-65, 2007
  3. Matsuzawa Y, Kiuchi Y, Toyomura K, Matsumoto I, Nakamura H, Fujino H, Murayama T, and Kawashima T: Activation of cytosolic phospholipase A2alpha by epidermal growth factor (EGF) and phorbol ester in HeLa cells: Different effects of inhibitors for EGF receptor, protein kinase C, Src, and C-Raf. Journal of pharmacological sciences 111:182-192, 2009.
  4. Kawashima T, Wakabayashi T, Kuroda T, Nishide T, Matsuzawa Y, and Shirai K: Lecithinized superoxide dismutase treatment improves steroid-refractory interstitial pneumonia. Respirology 15:1261-1265, 2010
  5. Matsuzawa Y, Sakakibara R, Shoda T, Kishi M, and Ogawa E: Good maternal and fetal outcomes of predominantly sensory Guillain-Barre syndrome in pregnancy after intravenous immunoglobulin. Neurological sciences: official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology 31:201-203, 2010
  6. Matsuzawa Y, Kawashima T, Yamazaki R, Yamaura E, Makiyama T, Fujino H, and Murayama T: Inhibitory effects of clinical reagents having anti-oxidative activity on transforming growth factor-beta1-induced expression of alpha-smooth muscle actin in human fetal lung fibroblasts. The Journal of toxicological sciences 36:733-740, 2011
  7. Kawashima T, Yamazaki R, Matsuzawa Y, Yamaura E, Takabatake M, Otake S, Ikawa Y,Nakamura H, Fujino H, and Murayama T: Contrary effects of sphingosine-1-phosphate on expression of alpha-smooth muscle actin in transforming growth factor beta1-stimulated lung fibroblasts. European journal of pharmacology 696:120-129, 2012
  8. Wakabayashi T, Kawashima T, and Matsuzawa Y: Evaluation of reactive oxygen metabolites in patients with non-small cell lung cancer after chemotherapy. Multidisciplinary respiratory medicine 9:44, 2014
  9. Matsuzawa Y, Kawashima T, Kuwabara R, Hayakawa S, Irie T, Yoshida T, Rikitake H, Wakabayashi T, Okada N, Kawashima K, Suzuki Y, and Shirai K: Change in serum marker of oxidative stress in the progression of idiopathic pulmonary fibrosis. Pulmonary pharmacology & therapeutics 32:1-6, 2015
  10. Hayakawa S, Matsuzawa Y(CO), Irie T, Rikitake H, Okada N, Suzuki Y: Efficacy of Recombinant Human Soluble Thrombomodulin for the Treatment of Acute Exacerbation of Idiopathic Pulmonary Fibrosis: a single arm, non-randomized prospective clinical trial. Multidisciplinary respiratory medicine (in press) DOI: 10.1186/s40248-016-0074-z, 2016 

診療の概要

  1. 肺がん等の悪性腫瘍
    新規症例は年々増加傾向にあり、2016年度は200名を超える見込みである。診断は、臨床検査部、病理診断部、放射線部の協力を得て、迅速な診断を行い、内科、外科、放射線科の協力による集学的治療を行っている。症例数の増加のため、BSC方針の症例については、他病院との連携で対応している。
  2. 間質性肺炎等の難病
    症例数が多く、特発性肺線維症を中心に多数の症例の診療を行ってきたが、膠原病専門医の赴任により、自己免疫疾患を背景にもつ間質性肺炎についても、症例数が増加している。
  3. 関節リウマチ、自己免疫疾患
    2015年度より膠原病専門医が赴任し、呼吸器内科と共同して診療にあたっている。リウマチ、自己免疫疾患に対し、各種生物製剤や免疫抑制薬による最新の治療を行っている。
  4. 肺炎、気胸、急性呼吸不全等の急性疾患
    呼吸器内科医が毎日当直する事により、ICU管理を要するような重度呼吸不全症例の他院からの転院搬送を受け入れている。介護関連肺炎は、病病連携で原則として対応している。
  5. 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、SAS等の慢性疾患
    中等症以下の症例は、診断と治療方針決定後は、病診連携で対応している。重症気管支喘息に対する各種抗体製剤による治療、重度慢性呼吸不全症例に対する在宅酸素療法も多数実施している。
  6. 呼吸器を中心とする感染症
    ICDとして、呼吸器感染症およびその他の感染症について、呼吸器内科で診療する他、院内の他診療科からの相談に対応している。
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151