医学部

メニュー

形成外科学講座(佐倉)

所属教員名

林 明照  / 教 授
王子 富登 / 助 教

運営責任者

講座の概要

当教室ではより良いQOLを目指すことを基本理念におき、臨床・先端的研究・教育に積極的に取り組んできました。
教室は、平成元年東邦大学医学部外科学第2講座より独立後、形成外科学研究室新設に至り、平成4年に丸山 優先生(現名誉教授)が初代主任教授に就任、平成5年には医学部形成外科学講座へ昇格しました。平成8年に付属大橋病院に診療科を開設(主任:岩平佳子助教授→大西 清教授)、平成12年には付属佐倉病院に診療科を開設(主任:大西 清教授→林 明照教授)しました。平成24年に大西 清教授が2代目主任教授に就任され、現在では大森病院を中心に付属三病院および関連病院にて診療、研究、教育を展開しています。

研究の概要

  • 皮弁移植術・マイクロサ-ジャリ-
    新しい皮弁の開発や新たな応用を常に追求してきました。基礎的には、皮弁血管解剖、血管内視鏡による血行動態の解析など、皮弁による修復法を血行概念別に整理し、四肢、体幹、頭頚部など部位別に特殊性を加味した各種皮弁を開発・応用しています。また低侵襲手術の概念を提唱し、主要血管を温存した皮弁や移植法の開発、必要構成成分のみの組織移植法の開発、内視鏡下の皮弁作成術や移行術を行ってきました。
  • 低侵襲手術
    Less invasive surgery の概念のもと、全国に先駆け形成外科に鏡視下手術を導入しました。顔面・体幹・四肢での低侵襲、整容を考慮した骨固定・皮下手術・血管内手術などや、器具の開発も行ってきました。 1996年に形成外科内視鏡手技研究会を立ち上げ、丸山前主任教授が第1回の会長の役を果たしました。本会は2011年に日本形成外科手術手技学会へと発展し現在に至っており、2017年2月に第22回日本形成外科手術手技学会(会長:大西教授)を主催しました。
  • Tissue expansion
    本邦で初めてTissue expander法を行った当科では、これまでの基礎研究、豊富な臨床デ-タの分析からmultiple expansionやsubacute rapid tissue expansion法などを開発し、さらに安定した結果を得ています。
  • 頭蓋顎顔面外科
    先天異常、悪性腫瘍切除後・外傷後変形、頭蓋底再建手術をはじめ、鏡視下での骨固定・骨切り術・腫瘍摘出術などの開発・工夫を行ってきました。 陳旧性顔面神経麻痺に対し、新たに開発された皮弁導入や再建法の開発による笑いの一期的再建を行い、治療成績の向上をはかり、神経再支配に関する基礎的研究も行っています。 顔面の再建では、機能・整容の両面を考慮したsubunit, miniunit principleを提唱、具現化し、解剖学的知見に加え、コンピュータ解析、先進医療の一環として3次元実体モデルなどを駆使して、形態の再現や術前後のシミュレ-ション評価を行っています。
  • 再生医学
    骨膜弁とハイドロキシアパタイトによるcustom-madeハイブリット型人工骨の開発・臨床応用・基礎的研究を行ってきました。今後は、長期的な組織学的検討、新生骨の三次元的解析、強度の評価、骨新生に関する免疫組織学的・分子生物学的検討、遺伝子レベルでの解明、蛍光抗体法や、抗STRO-1抗体を用いた骨膜由来骨細胞の検出、証明などについての検討も念頭に開発を進めていきます。
  • ケロイド・肥厚性瘢痕
    ケロイド、肥厚性瘢痕の予防および治療はもとより、アポト-シス、マトリックス分解酵素発現性などにつき、免疫組織学的検討解析を介し、病態究明に関する研究を行っています。血球由来間葉系前駆細胞の分化発現異常の解析など分子レベルでの詳細解明により、瘢痕組織の増殖拡大を人為的に制御する基礎的実験系の確立、およびその臨床応用が期待され、更なる発展が望まれます。
《最近のトピックス》
  • 顔面神経麻痺の動的再建手術(笑いの再建)
    健側顔面神経支配による遊離神経血管柄付き筋移植術を行っています。約12年前より症例を選択して低侵襲な島状側頭筋移行術(Lengthening Temporalis Myoplasty)も行っており、確実に早期の笑いが獲得できる特徴をもち、特に先天性顔面神経麻痺(メビウス症候群)、両側顔面神経麻痺、頭頚部癌術後顔面神経麻痺にも良い適応があり良好な治療成績が得られています。また、これに関連して再建術後の笑いの評価として新たにスコアリング評価法を提案し、経時的評価や再建グループ間の評価など定量的評価を行っています。

代表論文

  1. Hayashi A, Maruyama Y : Lateral intermuscular septum of the thigh and short head of the biceps femoris muscle: an anatomic investigation with new clinical applications. Plast Reconstr Surg 108(6): 1646-1654, 2001
  2. Hayashi A, Maruyama Y, Saze M, Okada E.: Ulnar recurrent adipofascial flap for reconstruction of massive defects around the elbow and forearm. Br J Plast Surg. 57(7): 632-637, 2004
  3. Onishi K, Maruyama Y, Hayashi A, Inami K: Repair of scalp defect using a superficial temporal fascia pedicle VY advancement scalp flap. Br J Plast Surg 58: 676-680, 2005
  4. Hayashi A, Maruyama Y, Okada E, Ogino A.: Use of a suture anchor for correction of ectropion in facial paralysis. Plast Reconstr Surg 115(1):234-239, 2005
  5. Hayashi A, Maruyama Y.: Neurovascularized free short head of the biceps femoris muscle transfer for one-stage reanimation of facial paralysis. Plast Reconstr Surg 115(2):394-405, 2005
  6. Hayashi A, Maruyama Y: Correction of Ectropion in Facial Paralysis Reply. Plast Reconstr Surg 117: 676-678, 2007
  7. Sakai A, Maruyama Y, Hayashi A.: Proliferating pilomatricoma: a subset of pilomatricoma. J Plast Reconstr Aesthet Surg 61(7):811-814, 2008
  8. Kudo H, Inaoka T, Tokuyama W, Hiruta N, Hayashi A, Terada H: Synovial Sarcoma Arising in the Chest Wall Following Ten Years Unexplained Chest Pain. Open Journal Radiology 2:92 -95, 2012
  9. Hayashi A, Maruyama Y: Lateral genicular artery flap. Grabb's Encyclopedia of Flaps (4th Ed): Upper Extremities, Torso, Pelvis, & Lower Extremities 2vols1339-1341. Wolters Kluwer, Philadelphia, USA, 2015
  10. Matsuda K, Tomita K, Fukai M, Kubo T, Hayashi A, Shibata M, Hosokawa K: Vein/Arterial Grafts Harvested within the Incision for a Free Groin Flap. Plast Reconstru Surg - Global Open 3 (6):e407 -e410 , 2015

教育の概要

学部

4年生 形成外科学(6コマ)
    救急医学(重症熱傷)(1コマ)
到達目標:形成外科治療の目標は、正常状態に復元することを基本とし、整容的により美しく、機能的改善も重視し、さらに患者自身を満足させうることです。本授業では、解剖学・発生学に基づく各疾患の基礎的理解と治療へのアプロ-チを含めた形成外科学に関する知識習得を第一目標としています。

5年生、6年生 臨床実習
到達目標:解剖学・発生学に基づく各疾患の基礎的理解と治療へのアプロ-チや、典型的な症例について基本的な診療経験、基本的手術手技の修得を目標とします。更に外傷や炎症、手術などが生体へおよぼす侵襲、生体反応、創傷治癒についての理解など外科総論の知識についての習得を目的としています。

大学院

医学専攻博士課程
高次機能制御系 形成外科学
特論I・II(4単位)、演習(12単位)、実習(4単位)
到達目標:形成外科疾患の病態を理解し、診断および治療法の概念を学びます。指導教授のもとに臨床症例を経験し、日本形成外科学会が定める専門医として認定される基準を最低線の到達目標としています。一方、形成外科学講座で行われている研究活動を中心に、形成外科臨床研究の基本的な方法論を身につけ、研究テーマを定めて自らの活動を開始し、研究を自分で展開していける能力の獲得を目指しています。

診療の概要

  • 再建外科
    皮弁を用いた再建に関する研究は教室の主軸であり、これまで皮弁血行の解明とともに多くの新しい皮弁を開発してきました。四肢や頭頚部、体幹において多様な皮弁を用いた再建を行っています。
  • ケロイド・肥厚性瘢痕
    ケロイド・肥厚性瘢痕などの分子レベルにおける病態解明や線維芽細胞の発現・血管新生などに関する研究を行い、診療では熱傷や外傷後のケロイド・肥厚性瘢痕治療を行っています。
  • Unit原理を応用した顔面の再建
    顔面をunitに分割して再建することにより、きずあとの目立たない、よりきれいな修復を行うことができます。皺線だけでなく光の与える明るさ、影なども考慮した再建を実践しています。
  • より正確な頭蓋顔面硬組織再建
    先天異常や骨折、手術などに起因する硬組織の再建では、実体モデルを用いた手術シミュレーションや超音波検査・ナビゲーションシステムなどを併用した手術により、より正確な再建を行っています。
  • 自然な笑いをつくる顔面神経麻痺の動的再建
    顔面神経麻痺に対し独自に笑いの評価法を開発し、遊離筋肉移植や改良型側頭筋移行を主体とした再建でより自然な表情の獲得を実現しています。
  • レーザー治療
    レーザー専門外来を開設し、各種色素性病変やしみ・しわなどの加齢性変化の治療を行っています。
  • チーム医療
    他科との連携医療に優れ、複数診療科による多くのチーム医療を実践しています。
    1) 口唇口蓋裂、頭蓋顔面変形など先天異常の治療
    2) 脳神経外科・整形外科の関連した多発外傷の治療
    3) 悪性腫瘍切除後の頭蓋底・頭頸部再建
    4) 軟部悪性腫瘍切除後の四肢・体幹再建
    5) 循環器内科・糖尿病内科・腎臓内科と一緒に診るフットケア外来と連携治療など
    6) 乳がん手術後の乳房再建

その他

社会貢献

医学公開講座:2016年7月9日「がん切除後欠損に対する形成外科再建手術」

学会活動

主な主催学会
  • 1996年第1回形成外科内視鏡手術研究会
  • 1999年第26回日本マイクロサージャリー学会
  • 2001年第10回日本形成外科学会基礎学術集会
  • 2004年第22回日本頭蓋顎顔面外科学会
  • 第4回国際・第14回シミュレーション外科合同学会
  • 日本第2009年第52回日本形成外科学会総会学術集会
  • 2014年第24回日本シミュレーション外科学会
  • 2017年2月18日 第22回日本形成外科手術手技学会
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151