医学部

メニュー

小児科学講座(佐倉)

所属教員名

舘野 昭彦 / 教 授
本山 治  / 准教授
小松 陽樹 / 准教授
井村 求基 / 助 教
星野 廣樹 / 助 教
福士 茉莉子/ 助 教

運営責任者

講座の概要

当講座は平成3年7月に開講され、東邦大学医学附属佐倉病院(現東邦大学医療センター佐倉病院)の平成3年9月開院時から、臨床・研究・教育が開始されました。初代部長の小屋二六教授は平成13年3月まで務め、平成13年4月から2代目の部長として舘野昭彦が現在に至るまで講座を主催しております。小児科内には、小児科学会により提示された救急システムのグランド・デザインに則り地域周産期母子医療センター併設型の中核医療センターを目指して地域周産期母子医療センターのNICUおよびGCUを設置しております。シームレスな新生児~神経・循環器医療を軸に、感染症、腎・泌尿器疾患、肝・消化器疾患などの診療・研究を行ってまいりました。大学病院としての機能を発揮するのは当然のことではありますが、地域の中核病院としての役割を担い、プライマリ・ケアおよび二次救急システムを含んだ小児救急医療体制整備も行い、主導的立場で維持に努めております。

研究の概要

当研究室においては、小児神経・心身症や腎・泌尿器疾患などの臨床的研究や感染症・小児肝疾患に対する基礎的研究が中心であります。小児神経領域においては、通常業務の中でも報告をみない数件の新発見もあり、論文化してきました。腎・泌尿器疾患では東邦大学大森病院小児科・小児腎臓科・腎臓科と共同で小児の腎・泌尿器疾患の研究を行っています。感染症やB型肝炎に関する論文は基礎研究に属する内容が中心です。
  1. 小児神経疾患・心身症の臨床的研究
    けいれん性疾患、神経発達性障害(知的障害、自閉スペクトラム症、注意欠如多動症、学習障害)、慢性頭痛および起立性調節障害、神経変性疾患(脊髄小脳変性症、遺伝性ジストニア、Rett症候群など)などを中心とした臨床的研究を行っています。てんかんに関する発表および論文は、カルバマゼピンによる聴覚失認、バルプロ酸による高尿酸血症の出現および病態生理に関するものは、世界初のものでした。けいれん性疾患は基礎疾患を有することが多くトランジショナルな治療が必要となる症例も多いため、問題点等について発表および論文化してきました。学会発表および講演等は依頼頻度も高く、啓蒙。啓発に尽力を尽くしてきました。頭痛についても学会の講演や地域での講演依頼が多く、啓蒙啓発を目的とした論文も数多く発表しています。
  2. 慢性腎不児の成長発達
    腎移植後の成長障害の主因である副腎皮質ステロイド薬の減量・中止の効果・安全性を行い、最終身長の改善と腎移植後の成長ホルモン投与の有効性を報告しました。腎移植後に発達、特に運動機能の改善が著しいことを報告し、先行的腎移植の有効性も検討しました。近年は重篤な合併症を有する児の腎移植も増加し、精神発達遅滞児への腎移植やSchimke immune-osseous dysplasia、Peters plus症候群、若年発症成人型糖尿病5型、多中心性骨溶解症、WT1遺伝子変異など稀少な疾患の腎移植について成長発達を含めて検討しています。
  3. 腎炎・ネフローゼ症候群
    IgA腎症は小児期に腎不全に進行することは少ないが、ネフローゼ症候群で発症し成人以降に腎機能が低下したIgA腎症の経過をフォローしています。また低補体血症を伴う紫斑病性腎炎と溶連菌感染の関連を検討しています。ネフローゼ症候群では副腎皮質ステロイド薬による成長障害のために最終身長も有意に低くなることを示しました。腎不全の低身長よりも軽微ではあるが、考慮すべき問題であると考えました。また、30歳以降までネフローゼが再発する症例がいるが、ステロイド反応性は保たれ、腎機能障害もきたさないこと、女性の妊娠中の再発例も正常分娩が可能であることを報告しています。ステロイド反応性ネフローゼ症候群や膜性増殖性腎炎、アレルギー性紫斑病の家族内発症例を報告し、遺伝子変異を他施設にて解析中ああります。
  4. サイトメガロウイルス感染
    サイトメガロウイルス(CMV)感染のコントロールにはCMV特異的CTLが重要な役割を果たしています。我々はヒトにおいても年齢とともにCMV特異的tetramer陽性細胞の頻度は増加し、”memory inflation”の存在が確認されました。また、tetramerを用いてウイルス特異的CTLが短時間に多数検体のスクリーニングできる方法を確立しました(Komatsu et al. Clinical & Experimental Immunology 2003, Immunity and Ageing 2006)。また、骨髄移植にて移植ドナーのウイルス特異的免疫がレシピエントへ受け継がれることを見出しました(Komatsu et al. J Med Virol. 2006)。現在は、炎症性腸疾患とCMV感染の関連を解析中であり、腸粘膜などの検体を用いて病態解明を実施しております。
  5. マクロライド耐性マイコプラズマ感染
    小児におけるマクロライド耐性マイコプラズマ感染の臨床症状を明らかするとともに、ミノサイクリンの有効性の有無を報告しました(Komatsu et al. Braz J Infect Dis. 2014)。さらに、簡易で迅速なマクロライド耐性マイコプラズマ感染の診断方法を確立しました(Komatsu et al. J Infect Chemother. 2013)。今後も薬剤耐性マイコプラズマ感染の病態解明を進めていく予定であります。
  6. B型肝炎ウイルスの病態解明と治療
    B型肝炎ウイルス(HBV)全遺伝子解析を施行し、肝炎の病態解明や感染ルートの特定などに成果を挙げています。HBV再活性化による家族内感染やgenotype Aの家族内感染を本邦で初めて報告しました。 (Komatsu et al. Eur J Pediatr 2010. Komatsu et al. J Infect Chemother 2011)。また、HBV遺伝子解析により本邦小児B型慢性肝炎の感染源の状況を明らかにしました(Komatsu et al. Hepatol Res 2009) 。HBワクチン定期接種化を推進するため、HBVキャリア体液からの水平感染を検討し、キメラマウスを用いて世界で初めてHBVキャリアの涙の感染性を証明しました(Komatsu et al. J Infect Dis. 2012 )。また、本邦小児慢性B型肝炎に対する治療成績と長期予後を明らかにしました(Komatsu et al. J Pediatr Gastroenterol Nutr. 2015)。さらに、次世代シークエンスを用いてHBV母子感染とウイルス変異株の関連を解析し報告しました(Komatsu et al. PLoS One. 2016)。また、積極的に世界へHBV感染予防や治療に対する提言などを行っています(Komatsu et al. World J Gastroenterol 2014, Expert Rev Anti Infect Ther 2015, Transl Pediatr 2016, European Medical Journal 2016)

代表論文

  1. Komatsu H, Inui A, Umetsu S, Tsunoda T, Sogo T, Konishi Y, Fujisawa T. Evaluation of the G145R Mutant of the Hepatitis B Virus as a Minor Strain in Mother-to-Child Transmission. PLoS One. 2016 Nov 3;11(11): e0165674
  2. Komatsu H, Inui A. Chronic hepatitis B in children in the United States and Canada: international origins place the disease burden on children even in the era of universal vaccination. Transl Pediatr. 2016 Jan;5(1):1-4.
  3. Komatsu H, Inui A. Fujisawa T. The Role of Body Fluids in the Horizontal
    Transmission of Hepatitis B Virus via Household/Close Contact. European Medical Journal 2016 1:68-75.
  4. Komatsu H, Inui A, Murano T, Tsunoda T, Sogo T, Fujisawa T. Lack of infectivity of HBV in feces from patients with chronic hepatitis B virus infection, and infection using chimeric mice. BMC Res Notes. 2015 Aug 20;8:366.
  5. Motoyama O, Sakai K, Iitaka K. Long-term prognosis of 4 children with
    steroid-sensitive nephrotic syndrome and relapse after 30 years of age. CEN Case Rep 2014; 3: 106-9 (DOI: 10.1007/s13730-013-0096-8)
  6. Motoyama O, Hasegawa A, Aikawa A, Shishido S, Honda M, Tsuzuki K, Kinukawa T, Hattori M, Ogawa O, Yanagihara T, Saito K, Takahashi K, Ohshima S. Final height in a prospective trial of late steroid withdrawal after pediatric renal transplantation treated with cyclosporine and mizoribine. Pediatr Transplantation 2011; 16: 78-82 (DOI: 10.1111/j.1399.3046.2011.01614.x)
  7. Motoyama O, Kawamura T, Aikawa A, Hasegawa A, Iitaka K. Head circumference and development in young children after renal transplantation. Pediatr Int 2009; 51: 71-74 (doi: 10.1111/j.1442-200X.2008. 02653.x)
  8. Motoyama O, Iitaka K: Final height in children with steroid-sensitive nephrotic syndrome. Pediatr Int 49; 623-625, 2007
  9. Tateno A, Sawada K, Takahashi I, Hujiwara Y:Carbamazepine-induced transient auditory pitch-perception deficit. Pediatr Neurol 35:131-134, 2006
  10. 舘野昭彦、佐藤俊哉、高橋育子、藤原由香里、根間敏郎:バルプロ酸投与患者における高尿酸血症の発生機序についての検討.てんかん研究 23:108‐113,2005

教育の概要

学部

  1. 医学部医学科4年次カリキュラム
      臨床医学各論III小児科学講義 7コマ、小児科学テュートリアル数コマを担当。主に、神経筋疾患、腎・泌尿器疾患、感染症などの講義を行っております。
    臨床医学総論II行動科学 2コマ(小児期ライフスタイル、虐待)を担当。
  2. 医学部医学科5年次カリキュラム 臨床実習
    大森病院小児科外来において、月に数単位、当教室の舘野(小児神経外来)、本山(腎・泌尿器外来)が専門外来において指導にあたります。
  3. 6年次カリキュラム選択制臨床実習
    ほぼ毎年1~2名の6年生が実習を行っております。

大学院

現在、大学院生を受け入れておりません。

診療の概要

当小児科は、開院当初は小児一次救急から、2.5次医療に至るまでの診療を行っておりましたが、小児科学会により提示した救急システムのグランドデザインに則り、新生児医療を提供できる地域小児医療センター(NICU併設型地域中核医療センター)を目指し、地域周産期母子医療センターとして認可されるに至りました。現在の医療においては、通常新生児学と小児科学が切り離されて運営されますが、当院では出生後から成人化するまで(疾患によっては成人に達した後もキャリー・オーバーとして診ていく)、連続する医療提供を心掛けています。勿論、小児科診療のみならず小児保健に力を注いでいます。
小児科医としては、小児科全般を診ることが理想的ですが、より専門的な診断および診療を行うために、専門外来を設け、受療サイドの利便性を図っております。とくに、小児神経・心身症疾患、腎・泌尿器疾患、周産期新生児医療(NICU)、小児肝疾患、感染症などが診療の中心ですが、循環器疾患、アレルギー疾患、内分泌疾患、血液・腫瘍性疾患などに対しては、専門外来を設けて対応しています。他に、乳児健診、予防接種外来、臨床心理士による心理・発達外来などにより、小児の心身の健康推進をサポートしております。小児病棟にはプレールームが設置され、専任の保育士がおり、入院の必要なお子様に対しては、原則として「付き添いなし」で対応させていただきます。

その他

社会貢献

  1. 印旛市郡小児救急システムにおける役割
    大学病院、総合病院の小児科医の疲弊を防ぎ、より高度な専門的医療に力を注げるよう、印旛市郡11市町村の小児救急医療体制を整備しています。スタッフの一人が医師会救急担当理事として機能しシステムを維持することと当小児科が二次輪番病院として中心的役割を担っています、
  2. 佐倉市生活習慣病検討委員会の維持
    本委員会の開始より当小児科スタッフが中心的役割を担い、維持し続けています。

学会活動

2000年以降の学会の開催はない。
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151