医学部

メニュー

整形外科学講座(大橋)

所属教員名

武者 芳朗 / 教 授
池上 博泰 / 教 授
金子 卓男 / 講 師
砂川 隆英 / 助 教
中山 隆之 / 助 教
河野 紀彦 / 助 教
望月 雄大 / 助 教

運営責任者

講座の概要

  1. 理念・方針
     整形外科、運動器疾患全般に亘り治療成績向上のために、他施設と違った独自性を追求し、言わば「ベンチャー」を目指している。常に先進性を視野に、いっそう進化した新しい術式、新技術の開発とともに、それを支える新素材をもちいた新しい生体材料の開発、医療機器の応用、合併する疼痛に対する緩和治療における新しい概念、方法について、さらに研究を続けて行く。
  2. 診療内容・特色および研究
     当講座は、平成22年11月から始動した東邦大学医療センター大橋病院脊椎脊髄病センターを併設している。大橋は、飯野以来、世田谷、目黒区、渋谷区を中心とした山の手地区で手外科の基幹施設として地域医療に貢献してきた。さらに充実させる必要があったことから、平成24年4月から「肩・肘・手外科」のSpecialist、池上を招聘、特殊外来が稼働している。さらに金子の膝関節および砂川の股関節と下肢の人工関節外科は順調に稼働を伸ばし、学会やマスコミにも評価を受けている。今日われわれは脊椎・脊髄、上肢および下肢と専門分野を広げ、人体の中枢から末梢まで診療範囲を充実することができた。
    これは整形外科としては理想的である。今後の発展と新生大橋病院への貢献に責務を感じている。

研究の概要

  1. 整形外科と脳神経外科が合体した脊椎・脊髄外科
    脊椎外科は脳神経外科と整形外科にまたがる領域であるが、当センターは両者が統合一体化した全国的にも数少ない施設である。両科の特徴を生かし総合的に治療にあたっている。手術には顕微鏡、内視鏡を用い、安全性、確実性、低侵襲性を高めている。診療上症例数の多い腰部脊柱管狭窄症、椎間板へルニアおよび頚部脊髄症に対する独自の術式を開発し、良好な成績をあげている。頚部脊髄症の筋肉温存型脊柱管拡大術、腰部脊柱管狭窄症に対する筋肉温存型棘突起還納式椎弓形成術、顕微鏡下および内視鏡下椎間板へルニア摘出術などがある。必要があれば脊椎固定術も実施するが、低侵襲手技MISで対応している。一方、一般的には手術療法が選択される疾患に対し当科では独自の保存療法で良好な成績を得ているものもある。腰椎椎間関節嚢腫、頚椎症性筋萎縮症急性脊椎硬膜外血腫の保存療法などである。また腰椎部に画像診断上異常なく、神経学的にも腰椎疾患では説明不能な腰・下肢痛の一因とされる仙腸関節痛に対し仙腸関節ブロック、持続効果が得られない場合は独自の高周波による熱凝固療法を施行している。
    脊椎脊髄の病気は、自然経過で軽快するものも数多くあるが、その反面色々な治療に抵抗して進行するものも少なくない。症状が進めば進むほど、発症してから時間が経過するほど、治療効果があがらず、後遺してしまうため、早期診断、早期治療に努めている。
  2. 肩・肘・手外科(上肢外科)
     手外科分野は単なる整形外科のsubspecialityの1分野を超えて専門的に独立分化し、独自に発展を遂げている。手外科分野では、上肢を構成する骨、軟骨、関節、靭帯、神経、筋肉、腱などの全てに亘る運動器学(機能、疾患、診断、治療など)を統合的にとらえ、上肢の機能外科として「肩・肘・手外科」とする新たなcategoryが構築されようとしている。中でも上肢の人工関節、殊に肘・肩関節分野ではいまだ国内においては限られた施設でのみ可能なのが現状である。この先進性に着眼し、全国に先駆けて「肩・肘・手外科」として手外科を特化している。オリジナルの人工肘関節や人工肩関節を開発し臨床応用も行い、特に上肢の人工関節置換術においては国内でTOP 5に入る手術数となっている。また関節鏡下手術も肩・肘・手・指関節の全てに行っている。
  3. 下肢外科
    3-1 膝関節、スポーツ外科
    本邦において2015年人工膝関節置換術は8万件に達した。如何に医師主観ではなく、患者様満足度を向上させるかということを念頭に、手術手技、人工関節選択、術後リハビリに重点を置いている。人工膝関節は人工股関節より患者様満足度が低いことが最近の話題である。要因の一つとして人工関節自体が前十字靭帯不全膝であることが挙げられる。H29.4月より前十字靭帯を温存した新しい人工膝関節手術にも取り組んでいる。 またトップレベルのスポーツ選手に多い前十字靱帯断裂、半月板損傷には関節鏡を用いた治療を施行している。

    3-2 股関節外科
    高齢者の変形性股関節症や若年者の臼蓋形成不全など幅広い年齢層を対象とし、年齢や変形の程度に応じ保存療法や人工股関節置換術、骨切り術等の手術療法を施行している。低侵襲手術MISにより、早期のリハビリ・退院を可能にしている。 各専門部門で、活発な学会活動、論文発表を重ね、実績をあげている。
  4. 骨軟部腫瘍
    主に骨軟部腫瘍を中心とする整形外科領域の腫瘍性疾患の診療を行う外来です。骨軟部腫瘍は、骨組織に発生する骨腫瘍と、筋肉、脂肪組織、皮下、結合組織、末梢神経などの軟部組織に発生する軟部腫瘍の2つに大きく分かれ、さらにそれぞれ良性と悪性のいずれかに分類されます。骨軟部の悪性腫瘍(がん)は他の臓器に比べて発生頻度は低いものの、その種類は多岐にわたっており、より専門性の高い診断・治療が求められます。
    骨軟部腫瘍を専門とする当外来の中山隆之医師は、とくに初期診断のエキスパートとして評価されており、地域の医療機関から多くの患者さんをご紹介いただいています。患者さんの病態に応じてさらに的確な診断や適切な治療を行うため、がん研有明病院との緊密な連携体制も構築しています。

代表論文

  1. Musha Y, Mizutani K:Cervical myelopathy accompanied with hypoplasia of the posterior arch of the atlas: case report.Journal of Spinal Disorders & Techniques22(3):228-232,2009
  2. Musha Y, Umeda T, Yoshizawa S, Shigemitsu T, Mizutani K, Itatani K:Effects of blood on bone cement made of calcium phosphate: Problems and advantafes.Journal of Biomedical Materials Research Part B: Applied Biomaterials92B(1):95-101,2010
  3. Kaneko T, Niki Y, Matsumoto H, Ikegami H, Musha Y:Factors affecting functional medial ligament balancing in patients undergoing total knee arthroplasty for varus knees.Journal of the Medical Society of Toho University59(6):297-304,2012
  4. Musha Y, Kaneko T, Yoshizawa S, Sunakawa T, Otani T, Mizutani K, Ito K:Contiguous sagittal split fractures of cervical vertebrae bodies with no neurological impairment.J Orthop Sci18:175-180,2013
  5. Sunakawa T, Kaneko T, Umeda T, Ito K, Ikegami H, Musha Y:Development and evaluation of a novel bone hemostatic agent that does not inhibit bone repair.Journal of the Medical Society of Toho University60(3):159-167,2013
  6. Kaneko T, Otani T, Ishii H, Nango N, Ikegami H, Musha Y:Short-Term Clinical Results of Porous Tantalum Monoblock Patella in Total Knee Arthroplasty : Analysis of Two-Dimensionally Osteomorphometry.Surgical Research Updates3(1):8-13,2015
  7. Kaneko T, Otani T, Sunakawa T, Nango N, Ikegami H, Musha Y:Evaluation of the Quantification of Bone Ingrowth and the Influence of Stress Shieldings in Cementless Total Knee Arthroplasty: A Prospective Case – Control Study.Global Journal of Medical Research16(1-H):7-14,2016
  8. Nakayama t, Matsumoto S, Shimoji T, Ae K, Tanizawa T, Gokita T:The Significance of Rectus Femoris for the Favorable Functional Outcome After Total Femur Replacement.Plast Reconstr Surg Glob OpenWeb Online:e1-e6,2016
  9. Kaneko T, Otani T, Kono N, Mochizuki Y, Mori T, Nango N, Ikegami H, Musha Y:Weekly injection of teriparatide for bone ingrowth after cementless total knee arthroplasty.Journal of Orthopaedic Surgery24(1):16-21,2016
  10. Kaneko T, Kono T, Mochizuki Y, Hada M, Toyoda S, Musha Y : Bi-cruciate substituting total knee arthroplasty improved medio-lateral instability in mid- flexion range. Journal of Orthopedics. 14(1):201-206.2017

教育の概要

学部

当整形外科では、運動器疾患や外傷に対するプライマリ・ケアの知識と技能の習得のため、研修医には臨床経験5年以上の医師がマンツーマンで組み、基本手技の指導を行うほか、各専門班の指導医がさまざまな疾患の診療や治療計画について総括的教育を行う。
偏りのない臨床経験を積み、入局後6年で一般的な整形外科の知識、手術手技を習得し、専門医資格取得後、専門分野に進み、人格の育成とともに、エキスパート、関連病院医長として活躍できる整形外科医として研鑽を積む。

大学院

科目概要
 整形外科学は、四肢・体幹の外傷学のほか、関節疾患、脊椎脊髄疾患、リウマチ等の炎症疾患など多岐にわたり、運動器の障害はADL、QOL に大きく影響するため、運動器疾患に対する重要性の認識と専門的知識の習得が必要である。整形外科学におけるエビデンスとして認識されている内容を整理し、整形外科学全般について、成因、病態、診療(診断、検査、治療)ならびにそれらの研究方法に関する専門的知識を習得するとともに、近隣領域についても基本的知識を学習・研究する。臨床技能としては、整形外科学会が定める専門医としての基準を到達目標とする。また、担当教員のもと必要な症例を経験する。
 一方、整形外科学講座で行われている研究活動を中心に、整形外科臨床研究の基本的な方法論を身につけ、研究テーマを定め自らの活動を開始し、研究を展開していける能力の獲得を目指す。なお、授業に費やす時間と同等の予習および復習の学習時間を持つことを原則とする。

到達目標
 運動器疾患に対する正しい理解と、診断能力を習得し、新しい診断技術や治療に対する理解を獲得することを目標とする。さらに、患者情報を把握して収集・解析し、臨床研究を行う能力を獲得する。臨床研究の一部として、多面的な手法による基礎実験、分子レベルや物理学的要素解析などから運動器疾患の基礎的研究、診断や治療についての研究を発展させる能力を獲得する。

診療の概要

2016年度手術件数
手術合計件数
912件
脊椎外科
190件
上肢(肩・肘・手)の外科(外傷含む)
295件
上肢(肩・肘・手)人工関節全置換術
 24件
骨軟部腫瘍(良性・悪性)
 41件
人工膝関節全置換術
 59件
鏡視下(前十字靭帯・半月板など)
 59件
人工股関節全置換術
 40件
足の外科(外反母趾、関節鏡など)
 30件
人工骨頭置換術
 40件
外傷(骨折脱臼含む)
134件

その他

社会貢献

  • 地域の医療機関との連携のもと、高齢者の骨折予防やリハビリ支援に取り組んでいる
    高齢化社会に伴い、骨折で入院されるご高齢の患者さんが増加している。当科では回復期リハビリテーション病院と連携し、患者さんがスムーズに在宅復帰できるよう努めている。 なお、高齢者の骨折の大きな要因として骨粗鬆症が挙げられる。自覚症状に乏しい疾患のため、気がついたときにはかなり症状が進行している場合も少なくない。骨折したことを機に、骨粗鬆症が発見される場合もある。こうした事態を少しでも防ぐため、地域の病院や診療所と連携し、地域の高齢者に骨粗鬆症についての知識を深めていただくための活動を展開していく。
  • 大腿骨頚部骨折地域医療連携クリニカルパスの導入
    近隣の回復期リハビリテーション病院、かかりつけの病院やクリニックでクリニカルパスを共有して共同診療を行う。当院で急性期リハビリを開始し、リハビリテーション専門の回復期リハビリテーション病院に転院し、集中的なリハビリテーションを行っていただくことができるようにしている。転院先の回復期リハビリテーション病院とは情報の共有化を継続する。自宅への退院を目標とし、リハビリテーション専門病院での治療が終了した後は近隣のクリニックで二次骨折予防の骨粗鬆症治療を行う。必要に応じて運動療法や在宅診療も行う。その後も当院と連携医療機関との症例検討会が定期的に開催され、患者さんが満足できるように大腿骨頚部骨折地域医療連携クリニカルパスの向上を目指す。 自宅、退院後も術後レントゲン画像評価や骨粗鬆症検査は当院で診察する。このように急性期医療機関、回復期リハビリテーション病院、かかりつけの医療機関の循環型医療を行い、患者さんが安心できる医療を提供する。

学会活動

  • 骨粗鬆症
    原因、予防治療など、EBMに基づく研究を行い、複数の関連学会で発表している。
  • 脊椎脊髄
    頚部圧迫性脊髄症に対する脊柱管拡大術に独自の工夫を加えた筋肉温存型手術により、神経回復の向上とともに、頚椎可動域の温存をはかり、後方法の欠点とされた術後の可動域の減少を抑えるに至っている。形成椎弓の立体構造に対する検討も続けている。脊柱管狭窄症に対しては筋肉温存型の小切開顕微鏡下手術を確立し実績を上げている。その他の低侵襲手術(MIS,MED)、BKPとその術後の椎体骨折リスクの研究、仙腸関節障害についても独自の研究を続けている。
  • 手の外科
    手の外科、肘、肩を含めた上肢の外科手術症例は豊富である。変形、骨折に関する研究、中でも、進行した変形性肩関節症などに対する「人工肩関節置換術」においては国内でも指折りの手術件数を有しており、受診を希望される患者さんは都内のみならず全国に及ぶ。Dupuytren拘縮のコラーゲナーゼ治療も先んじて実施中である。
  • 膝関節
    セメントレス人工膝関節置換術が本邦で始めて使用されたのは、porous coatedされたコバルト-クロム合金で製造された大きなbeads pore sizeの製品であった。2011年より、Trabecular Metal(TM)を主成分としたセメントレス人工関節が使用可能となった。2011年10月、TM開発のメンバーとして筑波大学、信州大学、岡山大学、佐賀大学、大阪市立大学、東邦大学が選出された。当院でも2012年1月より、施行している。当院では、CTと3D骨形態計測ソフトウエアを使用し、人工膝関節置換術にTrabecular Metal Modular Tibia&Patellaを使用し、TM (Tibia&Patella)と海綿骨間の骨形成濃度を測定し、また同時に血清骨形成マーカーを計測し比較検討などの研究をしている。
  • 股関節
    長期耐用を目指した改良、脱臼・ゆるみ・関節摺動面の摩耗などの合併症を減じるために、カップやステムの正確な三次元的設置位置が重要で、近年ではナビゲーションシステムが導入されている。さらに術前に骨格モデルを作成することにより、より正確なインプラントの設置を目指す。
  • 低反応レベルレーザー治療と侵害受容性疼痛に関する研究
    低反応レベルレーザー治療(LLLT)による多くの生体反応のうち疼痛緩解について、VAS、プロスタグランジンE、サブスタンスPなど、種々の炎症疼痛マーカーについて検討している。
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151