医学部

メニュー

内科学講座神経内科学分野(佐倉)

所属教員名

榊原 隆次 / 教 授

榊原 隆次 / 教 授
岸  雅彦 / 講 師
露﨑 洋平 / 助 教
舘野 冬樹 / 助 教

講座の概要

当病院では、以前より、東邦大学医療センター大橋病院神経内科の栗原照幸教授、当院小児科(神経内科)の舘野昭彦准教授が 神経内科診療に携わってこられました。平成19年7月に、佐倉病院の増改築完成(ベッド数450床)が予定されております。これに先駆けて、平成19年3月 佐倉病院内科学講座に神経内科が新規開設され、千葉大学医学部神経内科より榊原隆次が赴任致しました。
佐倉神経内科は、地域への貢献(LOCAL)と発信(GLOBAL)の両面を備えた科を目指しています。救急・難病・加齢に伴う症状を幅広く扱い、患者さんファーストの開かれた医療、先進医療と頼れる医療をバランスよく提供しています。
佐倉神経内科は、地域の基幹病院として脳梗塞(急性期治療)、免疫性疾患(重症筋無力症、ギラン・バレー症候群等)、変性性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病等)など神経疾患全般の外来診療・入院治療を行っています。当科の特徴として、脳血管障害の救急診断と治療、パーキンソン病/脊髄小脳変性症、認知症の早期診断と治療に力を入れています。

研究の概要

昨年度に引き続きパーキンソン病、多系統萎縮症などの変性疾患、認知症、脳血管障害などの研究を行なった。
MIBG心筋scintigraphyは、本邦を中心として、パーキンソン病のバイオマーカーとして確立されている。MIBG心筋scintigraphyをバイオマーカーとした、パーキンソン病のごく早期診断について研究した。動脈硬化指標であるCAVIが脳梗塞に直接かかわることを、多数例の検討から明らかにした。

代表論文

  1. Tateno H, Sakakibara R, Tateno F, Tuyusaki Y, Aiba Y, Kishi M, Tateno A, Ogata T, Doi H, Inaoka T, Terada H, Suzuki Y. Metaiodobenzylguanidine Myocardial Scintigraphy Identifies Premotor Parkinson's Disease During a Negative Dopamine Transporter Scan. J Am Geriatr Soc. 2015 Nov;63(11):2428-30.
  2. Tateno H, Sakakibara R, Shiina S, Doi H, Tateno F, Sato M, Masaka T, Kishi M, Tsuyusaki Y, Aiba Y, Ogata T, Suzuki Y. Transdermal Dopamine Agonist Ameliorates Gastric Emptying in Parkinson's Disease. J Am Geriatr Soc. 2015 Nov;63(11):2416-8.
  3. Sakakibara R, Uchida Y, Ishii K, Hashimoto M, Ishikawa M, Kazui H, Yamamoto T, Uchiyama T, Tateno F, Kishi M, Tsuyusaki Y, Aiba Y, Tateno H, Nagao T, Terada H, Inaoka T; Members of SINPHONI (Study of Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus On Neurological Improvement). Bladder recovery relates with increased mid-cingulate perfusion after shunt surgery in idiopathic normal-pressure hydrocephalus: a single-photon emission tomography study. Int Urol Nephrol. 2015 Nov 17. [Epub ahead of print]
  4. Tateno H, Uchiyama T, Yamamoto T, Watanabe Y, Hashimoto K, Shibata-Yamaguchi C, Fuse M, Kamai T, Yamanishi T, Sakakibara R, Kuwabara S, Hirata K: Amantadine can ameliorate lower urinary tract dysfunction and nocturnal polyuria in patients with Parkinson’s disease and vascular parkinsonism. Dokkyo J Med Sci 42: 21-29, 2015
  5. Tateno F, Sakakibara R, Nagao T, Tuyusaki Y, Aiba Y, Tateno H, Kishi M, Ogata T. Deep Brain Stimulation Ameliorates Postural Hypotension in Parkinson's Disease. J Am Geriatr Soc. 2015 Oct;63(10):2186-9.
  6. Shiina S, Sakakibara R, Doi H, Tateno F, Sato M, Masaka T, Kishi M, Tsuyusaki Y, Ogata T, Aiba Y, Tateno H. Levodopa Does Not Worsen Gastric Emptying in Parkinson's Disease. J Am Geriatr Soc. 2015 Oct;63(10):2185-6.
  7. Unger MM, Sakakibara R. Does REM sleep behavior disorder have the guts to be Parkinson disease? Neurology. 2015 Nov 17;85(20):1732-3.
  8. Sakakibara R. Editorial Comment from Dr Sakakibara to Measurement of oxyhemoglobin concentration changes in interstitial cystitis female patients: A near-infrared spectroscopy study. Int J Urol. 2015 Jul;22(7):694.
  9. Sakakibara R, Panicker J, Finazzi-Agro E, Iacovelli V, Bruschini H; Parkinson's Disease Subcomittee, The Neurourology Promotion Committee in The International Continence Society. A guideline for the management of bladder dysfunction in Parkinson's disease and other gait disorders. Neurourol Urodyn. 2015 Mar 25. doi: 10.1002/nau.22764. [Epub ahead of print] PMID:25810035
  10. Liu Z, Uchiyama T, Sakakibara R, Yamamoto T. Underactive and overactive bladders are related to motor function and quality of life in Parkinson's disease. Int Urol Nephrol. 2015 May;47(5):751-7.

教育の概要

学部

M1  全人的医療教育
M3  脳・神経系総論
M3/4 チュートリアル
M4  OSCE前神経実技, OSCE神経
M5  総合臨床講義、特別OSCE神経, 佐倉病院内科bed side
M6  佐倉病院内科clinical clerkship随時

大学院

生体情報伝達障害コース
~神経疾患と自律神経障害特論

診療の概要

神経内科は、頭痛外来(頭痛の早期診断・治療)、物忘れ外来(認知症の早期診断・治療)、しびれ外来(しびれ・まひの早期診断・治療)、ふるえ外来(ふるえの早期診断・治療)、脳卒中・歩行障害外来(脳卒中・歩行障害の早期診断・治療)、排尿障害外来(内科的尿もれ・頻尿・排尿困難の診断・治療)、めまい外来(内科的めまいの早期診断・治療)、てんかん外来(てんかんの診断・治療)などを行なっており、救急に対応しております。外来および入院では、脳脊髄MRI(エムアールアイ)、脳血流SPECT(スペクト)、筋電図・脳波、自律神経検査、遺伝子検査等を駆使して、病気の早期発見と、先進的治療を行なっております。

その他

社会貢献

市民公開講座
2017年03月25日開催 歩行障害と共に歩む“診断と治療”地域で考えるケアと治療
2016年11月26日開催 認知症と共に歩む“診断と治療”地域で考えるケアと治療
2016年07月23日開催 地域で考えるケアと治療 「お酒とからだの付き合い方」

学会活動

日本脊髄障害医学会(理事)、日本排尿機能学会(理事, 機関誌「LUTS」編集委員他)、日本神経学会(代議員)、日本自律神経学会(評議員, 機関誌「自律神経」編集委員他)、日本神経治療学会(評議員)、日本老年泌尿器科学会(評議員)、日本早期認知症学会(代議員)、日本内科学会; the International Continence Society (Committee Member; 機関誌「Neurourology & Urodynamics」編集委員), International Consultation in Incontinence (Committee Member), the Movement Disorders Society (Committee Member), the Association of British Neurologists, the American Academy of Neurology, the International Society for Autonomic Neuroscience, the European Federation of Autonomic Societies, and the American Autonomic Society.
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151