医学部

メニュー

心身医学講座(大森)

所属教員名

端詰 勝敬 / 教 授
竹内 武昭 / 准教授
中村 祐三 / 助 教

講座の概要

我々は全国でも数少ない心身医学を専門とした大学医学部の講座として、臨床・教育・研究における多面的な取り組みを行っております。第2内科の自律神経班を前身としており、故阿部達夫先生らのご尽力により1980年10月に心療内科として独立を果たしました。初代教授である筒井末春先生らのご努力の甲斐あり、1991年5月より心身医学講座への昇格を果たしております。1999年からは坪井康次先生、中野弘一先生が牽引役となって心身医学の一層の発展に努められました。

2015年より現在の講座責任者である端詰勝敬が教授に就任し、また2016年には竹内武昭准教授を迎え、新体制で大学における心身医学講座の役割というものを改めて問い直し、臨床・教育・研究における一層の成果を挙げるべく研鑽を積んでおります。臨床研究および論文発表の推進、大学院生教育の拡充、学部生教育の刷新など積極的な取り組みを行っています。

研究の概要

我々の講座では主に摂食障害や一次性頭痛、うつ病に関連した調査や研究を行っています。特に実臨床場面での活用を視野に入れた調査や研究を積極的に進めています。また本学が掲げる「良き臨床医の育成」のため、医学教育における質の向上に関する調査も行っています。

  1. 摂食障害におけるNIRSの検討
    摂食障害患者における脳血流の変化を測定することにより、摂食障害に併存した精神疾患の特徴を調べることを目的としています。これにより摂食障害の治療を行う上で重要とされる、併存症の治療が適切に行えるようになります。脳血流の変化を測定する方法として、エビデンスの集積が進んでいる光トポグラフィー検査(NIRS)を用いています。
  2. 片頭痛における痛みの維持・悪化メカニズムに関する検討
    痛みの維持・悪化メカニズムにおいて、痛みの捉え方や対処行動が大きな要因とされています。本研究では片頭痛患者を対象として痛みの捉え方やQOLなどの調査を行い、そのメカニズムの解明を目指しています。
  3. うつ病における性格傾向、認知機能に関する検討
    うつ病患者は他人の表情から感情などを読み取る力(表情認知)に変化が生じているのではないか、という仮説に基づいて表情認知特性の評価や性格傾向との関連を検討しています。
  4. 心療内科実習における共感度に関する検討
    医学生の共感度は学年を追うごとに低下するとされています。医学生の共感度の変化とそれに関わる要因を検討することにより、これからの「良き臨床医の育成」に向けた医学教育の改善に生かしていくことを目的としています。共感度の測定には広く世界的に用いられているThe student version of Jefferson Scale of Physician Empathy(JSPE-S)を使用し、臨床医学実習の前後における患者に対する共感度の変化を調査しています。
  5. 一次性頭痛における身体増幅感覚についての検討
    片頭痛、緊張型頭痛の患者は一般健常者と比較して身体感覚増幅と呼ばれる認知の傾向が強いと推定されています。そのため通院中の片頭痛、緊張型頭痛の患者を対象として身体感覚増幅尺度などを用いた検討を行っています。
  6. 薬剤乱用頭痛のストレス対処行動に関する検討
    薬剤乱用頭痛は難治例が多く、改善しても再発し易いとされています。本邦における薬剤乱用頭痛についての研究は、十分に進められているとは言い難い状況にあります。我々は薬剤乱用頭痛患者のストレス対処行動に関する調査を行うことで、薬物乱用頭痛の実態を把握すると共に非薬物療法的アプローチを含む効果的な治療プランの開発に繋げていくことを目指しています。

代表論文

  1. Takeuchi T, Hashizume M: Behavioral medicine in Teikyo University and Toho University. Biopsychosoc Med. 10: 4-016-0057-5. eCollection 2016, 2016
  2. 小山 明子, 竹内 武昭, 都田 淳, et al.: 心療内科外来に通院中の摂食障害患者における睡眠薬の使用状況. 不眠研究 2016: 35-38, 2016
  3. Hashizume M, Hachisu M, Yoshida H, et al.: Serum brain-derived neurotrophic factor level in elderly women depression: a community-based study. Prog.Neuropsychopharmacol.Biol.Psychiatry 56: 109-116, 2015
  4. Odawara M, Hashizume M, Yoshiuchi K, et al.: Real-Time Assessment of the Effect of Biofeedback Therapy with Migraine: A Pilot Study. Int.J.Behav.Med. 22: 748-754, 2015
  5. 天野 雄一, 端詰 勝敬, 吉田 英世, et al.: 受療行動からみた地域高齢者における大うつ病性障害の1年予後. 心身医 55: 247-254, 2015
  6. Masahiro H, Yuichi A, Miyuki O, et al.: An Investigation of Factors Influencing Late-onset Anorexia Nervosa: Comparison with Early onset and Peak onset. Psychosom Obstet Gynecol. 18: 422-429, 2014
  7. 端詰 勝敬, 都田 淳, 小田原 幸, et al.: 片頭痛における不眠と破局的思考に関する検討. 不眠研究 2013: 27-34, 2013
  8. 都田 淳, 端詰 勝敬, 小田原 幸, et al.: 片頭痛と睡眠の関係についての検討. 不眠研究 2012: 79-84, 2012
  9. Hashizume M, Yamada U, Sato A, et al.: Stress and psychological factors before a migraine attack: a time-based analysis. Biopsychosoc Med. 2: 14-0759-2-14, 2008
  10. 端詰 勝敬, 菅 重博, 林 果林, et al.: 心身機能と睡眠障害 環境と睡眠障害. 心身医 47: 777-783, 2007

教育の概要

学部

心理社会的ストレスは種々の身体疾患や精神疾患の発症の契機となり、また症状の増悪寛解、治療予後を左右する要因となることもあります。患者を一症例として捉えるのではなく病気を抱えた人格として尊重し、より包括的な診断と治療を含むマネージメントを行えるようになることを目指します。身体・心理・社会といった側面から患者を評価し、理解したうえで各々の相互作用について理解することの重要性を学びます。

学部生が臨床実習の段階で好ましい治療者患者関係を築けるようになること、個々の患者の抱える心理社会的な問題の解決のために必要となる治療戦略を発案できるようになること、他の医療スタッフと協力して解決にあたれるようになること、これら将来医師として求められる基礎的な能力を身につけることが出来るよう指導を行います。

4年生では心身医学の基礎的な考え方、心理的要因が身体疾患におよぼす影響、精神疾患に随伴する身体症状などについて学びます。5年生になると臨床実習で実際の患者に触れながら知識を深めていきます。また臨床実習と併せて摂食障害や心理検査などついての小講義も行っています。6年生(選択実習)では1ヶ月という期間を生かして患者と深く関わることにより、知識だけでなく実臨床における傾聴や共感などの対話技術を学ぶことが出来るよう指導を行っています。

大学院

心身症を中心にFunctional somatic syndromes及びMedically unexplained symptomsなどに対して、心と体の調和と、その相互作用(心身相関)に重点を置いた臨床的・研究的な教育を行っています。以下の教育目標を設定しています。

  1. 心身医学的な診断・治療技術の獲得
    内科認定医及び総合内科専門医を前提とした心療内科専門医の資格取得を目指します。総合内科医としての基礎的知識と技能に加えて、心療内科医としての診断・治療技術を学びます。具体的には心療内科的面接法、リラクセーション技法、バイオフィードバック療法、自律訓練法、精神分析療法、認知行動療法などがあります。週一回の全体会議と班会議を中心に専門的な技術の獲得を目指します。
  2. 国際的論文の作成能力及び公的研究費の獲得
    研究計画、実施、論文作成の過程を経て、国際誌に論文の発表が出来るようにします。週1回の研究会で生物統計学、疫学、心身医学、行動医学などの基礎を勉強しながら、実際に研究する過程を通して能力の獲得を目指します。
  3. 国際性の獲得
    心身医学の臨床・研究能力を英語により国内外に発信出来るようにします。研究会と生物統計学ではハーバード大学大学院の資料を中心に個別に学会予行や論文作成指導を行っています。
(上記の教育目標は強制的なものではありません、個人の方向性に応じて柔軟に対応しています)

診療の概要

当科では過敏性腸症候群や一次性頭痛などの「心身症」、摂食障害、パニック症などの診療を行っています。心身症とは「身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害の認められる病態をいう。(日本心身医学会)」と定義されています。簡単に言うと「身体の病気がありながら、その発症や経過に心理的なストレスや環境が密接にかかわっているもの」を指します。

心療内科のことを「“こころ”の病気を診断・治療する診療科」と思われている方も多いようです。しかし基本的には「心身症」と言われる、身体疾患や身体症状の発症や経過にストレスなど心理社会的要因が密接に関与している方の診療が主体となります。大学病院である当院では、身体と精神の両面から的確な診断・治療を行うための体制が整っているのはもちろん、内科的な病気でより専門的な診療が必要な患者さんに対しては該当する診療科をご紹介するなど、スムーズに適切な対応が出来ることが大きな特長のひとつとなっています。

また、当科には「他の病院やクリニックではこれといった病気は見つからなかったけれど、身体の不調が続いていてつらい」といった悩みを抱えた方々も多く受診されます。初診時には十分に問診の時間を設けてお話をじっくり丁寧に伺ったうえで、身体面の詳細な診察や、精神面に対するきめ細かなフォローに努めています。

その他

社会貢献

  1. 小学校におけるストレスマネジメント出張授業
    近隣の小学校からの依頼を受け、小学校6年生を対象としたストレスマネジメントの出張授業を行っています。体育会に6年生全員が集合し、模擬症例を使いながらストレスについて学んだり、リラクセーション療法の体験を行ったりしています。
  2. 大田区職員研修
    大田区からの依頼を受けて区職員に対してメンタルヘルス研修を行っています。

学会活動

主催学会(5年以内/研究会は除く)
第46回日本女性心身医学会 2017年 7月(予定)
第127回日本心身医学会関東地方会 2016年 2月(済)
第19回日本心療内科学会総会・学術集会 2014年 11月(済)
第42回日本バイオフィードバック学会学術総会 2014年 6月(済)
日本心理医療諸学会連合第26回大会 2013年9月
第19回日本行動医学会学術総会 2013年3月
第52回日本心身医学会総会 2011年6月

当科関連学会(国内)
日本心身医学会、日本心療内科学会、日本内科学会、日本女性心身医学会、バイオフィードバック学会、日本摂食障害学会、日本うつ病学会、日本不安障害学会、日本行動医学会、日本交流分析学会、日本心理医療諸学会連合会大会、日本ストレス学会

当科関連学会(国際)
国際心身医学会、国際行動医学会、世界女性心身医学会
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151