医学部

メニュー

内科学講座糖尿病・代謝・内分泌学分野(大森)

所属教員名

弘世 貴久 /教 授
内野 泰  /准教授
熊代 尚記 /講 師
池原 佳世子/助 教
宮城 匡彦 /助 教
芳野 弘  /助 教
鴫山 文華 /助 教

運営責任者

講座の概要

当教室は2012年4月1日に弘世貴久が教授に就任し、新しい講座体制のもと国内有数の糖尿病・代謝・内分泌学の講座施設として診療・研究・教育を展開しています。弘世教授を筆頭に屋根瓦式の指導体制のもと大学病院における臨床講座として重要な診療・研究・教育の三本柱を構築し、若手教室員や大学院生が毎年多く入局する活気溢れる教室です。研究室として現在は大学内の教室研究室において糖尿病を主とした高度な臨床研究と基礎研究の両者を展開し、ヒトとげっ歯類を対象にトランスレーショナルな研究を行い、英文誌への報告も含め国内・国際学会でも数多くの研究成果を発信しております。

研究の概要

弘世教授が就任した2012年度から臨床研究・基礎研究ともに糖尿病を主とした新しいプロジェクトを数多く行い、その成果を国内外に報告しております。当科の研究成果を診療にに還元し、より患者様に「寄り添う医療」の提供を目指していきます。
  1. 臨床研究
    臨床研究においては既存の糖尿病治療薬のベストユースを考えながら当科の治療方針が全国のスタンダードになることを目指したエビデンスの構築を行っております。現在市場に出ているインスリンや経口血糖降下薬による治療のより有効な使用法の開発やステップアップ・ステップダウンの有効性の検討を行っております。また、最新の経口血糖降下薬の動脈硬化の発症・進展予防効果を検討する目的で、そのサロゲートマーカーである血管内皮機能への影響についての検討を行い、その他にも生活習慣の構成因子の一つである睡眠障害の耐糖能異常に対する影響について調査・介入研究を実施しております。
    糖尿病発症の主病因であるインスリン抵抗性に着目し、日本国内でも限られた施設のみで実施されている人工膵臓を用いたインスリン感受性臓器(肝臓・筋肉・脂肪組織)別のインスリン抵抗性の評価を実施しています。さらに、肝臓や筋肉などのインスリン標的臓器における異所性脂肪蓄積について、1H‐MRS法を用いて肝細胞内脂質や筋細胞内・外脂質の定量を行い異所性脂肪蓄積とインスリン抵抗性の関係についても検討を行っております。
  2. 基礎研究
    基礎研究ではインスリン抵抗性に着目し、ヒトにおいてもトランスレーショナルな検討が可能な研究を展開しています。臨床研究のみに留まらず、睡眠障害により耐糖能異常を発症するメカニズムについてげっ歯類の睡眠障害モデルを用いた基礎研究による検討も行っています。世界でも最先端の手技を用いて、睡眠障害によるインスリン感受性臓器(肝臓・筋肉・脂肪組織)での組織特異的インスリン感受性の変化を評価し、分子生物学的に組織における糖・脂肪代謝をつかさどる遺伝子、蛋白の発現レベルを観察し、睡眠の下流で調節される脂質・糖代謝を制御する遺伝子、蛋白質の同定に努めていきます。
    また、日本人の非アルコール性脂肪肝炎と糖尿病の関連に着目し、ご協力の同意をいただいた方のサンプルを用いてメタボローム解析やマイクロアレイ・RT-PCRによって代謝物や遺伝子発現解析を実施しその病態について調査しています。

代表論文

  1. Shigiyama F, Kumashiro N, Miyagi M, Iga R, Kobayashi Y, Kanda E, Uchino H, Hirose T:Linagliptin improves endothelial function in patients with type 2 diabetes: A randomized study of linagliptin effectiveness on endothelial function. J Diabetes Invest:doi:10.1111/jdi.12587, 2016
  2. Nishimura A, Usui S, Kumashiro N, Uchino H, Yamato A, Yasuda D, Okubo M, Mori Y, Hirose T:Efficacy and Safety of Repaglinide Added to Sitagliptin in Japanese Patients with Type 2 Diabetes:a Randomized 24 Week Open-Label Trial. Endocr J:inpress, 2016
  3. Shigiyama F, Kumashiro N, Rikitake T, Usui S, Saegusa M, Kitamura M, Uchino H, Hirose T:A case of lean polycystic ovary syndrome with early stage of type 1 diabetes successfully treated with metformin. Endocr J 63 (2):193-198, 2016
  4. Matsuhisa M, Koyama M, Cheng X, Sumi M, Riddle MC, Bolli GB, Hirose T and group EJs: Sustained glycaemic control and less nocturnal hypoglycaemia with insulin glargine 300U/mL compared with glargine 100U/mL in Japanese adults with type 1 diabetes (EDITION JP 1 randomised 12-month trial including 6-month extension). Diabetes Res Clin Pract 2016; 122: 133-140.
  5. Matsuhisa M, Koyama M, Cheng X, Takahashi Y, Riddle MC, Bolli GB, Hirose T and group EJs: New insulin glargine 300 U/ml versus glargine 100 U/ml in Japanese adults with type 1 diabetes using basal and mealtime insulin: glucose control and hypoglycaemia in a randomized controlled trial (EDITION JP 1). Diabetes Obes Metab 2016; 18: 375-383.
  6. Terauchi Y, Koyama M, Cheng X, Takahashi Y, Riddle MC, Bolli GB and Hirose T: New insulin glargine 300 U/ml versus glargine 100 U/ml in Japanese people with type 2 diabetes using basal insulin and oral antihyperglycaemic drugs: glucose control and hypoglycaemia in a randomized controlled trial (EDITION JP 2). Diabetes Obes Metab 2016; 18: 366-374.
  7. Hirose T, Suzuki M, Tsumiyama I:Efficacy and Safety of Vildagliptin as an Add-on to Insulin with or without Metformin in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Melitus: A 12-week, Double-Blind, Randomized Study. Diabetes Ther:559-571, 2015
  8. Hirose T, Teramoto T, Abe K, Taneyama T, the J-BENEFIT study group: Determinants of Bezafibrate-induced Improvements in LDL Cholesterol in Dyslipidemic Patients with Diabetes. J Atheroscler Thromb 22 (7):676-684, 2015
  9. Iga R, Uchino H, Kanazawa K, Usui S, Miyagi M, Kumashiro N, Hirose T:Acute focal bacterial nephritis in an occupational allergy. Lancet Infect Dis14(7), 656, 2014.7 The Lancet Infectious Diseases. Lancet Infect Dis 14 (7):656, 2014
  10. Hirose T, Ogihara T, Tozaka S, Kanderian S, Watada H:Identification and comparison of insulin pharmacokinetics injected with a new 4-mm needle vs 6- and 8-mm needles accounting for endogenous insulin and C-peptide secretion kinetics in non-diabetic adult males. J Diabetes Invest 4 (3):287-296, 2013

教育の概要

学部

三年次(全48コマ)
糖尿病学総論/各論
内分泌学総論/各論
病理学各論・病理実習(内分泌学)
代謝内分泌学テュートリアル

五年次(臨床実習)
Problem Based Learning
症例検討会
臨床講義(プラカン)

六年次(臨床実習)
4週間の選択実習

大学院

基本的に大学院生を中心に進め、4年間の大学院の期間に臨床研究と基礎研究の両者に携わり、臨床の疑問から始まり、臨床に還元できるような研究を行います。極力ヒトと動物(マウスやラット)の両方で研究を行い、互いのデータを関連付けて、実際の診療向上を目指して進めていきます(トランスレーショナルな研究)。生理学的な評価法と分子生物学的な評価法を組み合わせて、メカニズムを深く追及し、画期的な新規発見を目指していきます。アメリカ糖尿病学会での口頭発表、一流英文誌への掲載、留学を目指します。

診療の概要

当科では、きめの細かい生活指導に加え日々進歩する薬物療法や検査法を提供しながら糖尿病コントロールの改善を目指すとともに、三大合併症である糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症と動脈硬化性疾患(心筋梗塞・脳梗塞・閉塞性動脈硬化症)の発症・進展防止を図っています。日本糖尿病学会に準じ、健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持を最終目標とします。さらに、甲状腺、副腎、および下垂体を代表とする内分泌疾患の治療を行っています。
  1. 糖尿病
    登録されている糖尿病の患者さんは4000人を越えています。1型および2型糖尿病の診断と治療、特に最近では24時間持続血糖モニター(CGM)を利用したよりきめの細かい治療を展開しています。特に1型糖尿病ではリアルタイムCGMとインスリン式ポンプのドッキングしたSAP(Sensor Augmented Pump)を積極的に使用して良い効果を得ています。さらにインスリン治療では仕事が忙しくてどうしても入院できない患者さんのためのインスリン外来導入も積極的に行っています。糖尿病専門医と糖尿病看護認定看護師、日本糖尿病療養指導士などから構成されるチーム医療によりこの分野では日本の糖尿病診療の牽引役を担っています。また、糖尿病教室の開催や市民公開講座などを通して糖尿病に関する情報提供にも力を入れています。
  2. 内分泌疾患
    当講座では下垂体、副腎、甲状腺および副甲状腺など内分泌線に関係する疾患の診断・治療にも力を入れています。とくに内分泌疾患で多いのがバセドウ病や橋本病などに代表される甲状腺疾患で、当センターを受診される患者さん全体の約2割を占めています。当施設では甲状腺超音波検査、穿刺吸引細胞診やアイソトープ治療なども外来検査として行っております。講座には内分泌・代謝科専門医、指導医も揃っており、関連各科との連携のもと、最新の情報に基づいた正確な診断および適切な治療を行っています。

その他

社会貢献

生涯教育セミナー(医師会・薬剤師会)
市民公開講座
東京都糖尿病協会 糖尿病市民セミナー など

学会活動

2016年 国際学会
  1. ◎Kumashiro N: GLP-1 RA, As the first choice of insulin intensification. 2016 International Congress on Obesity and Metabolic Syndrome in conjunction with the 45TH Annual Scientific Meeting of KSSO, Seoul, Korea.
  2. ◎Kanazawa K, Uchino H, et al.: Fasting and Postprandial Substrate Oxidation Differs in Insulin-Treated Type 2 Diabetes Using Sodium-Glucose Cotrasporter 2 Inhibitor. 76th Scientific Sessions American Diabetes Association(ADA) 2016, New Orleans,USA.
  3. ◎Shigiyama F, Kumashiro N, et al.: Mitochondria TCA Cycle and Adiponectin Are Associated with Preserved Hepatic Insulin Sensitivity in NAFLD Patients. 76th Scientific Sessions ADA 2016, New Orleans,USA.
  4. ◎Shigiyama F, Kumashiro N, et al.: The Randomized Study of Linagliptin Effectives on Endothelial Function Assessed by FMD. 76th Scientific Sessions American Diabetes ADA 2016, New Orleans,USA.
2016年 国内学会
日本糖尿病学会年次学術集会
日本内分泌学会総会
糖尿病学の進歩
内分泌代謝Up date
第3回肝臓と糖尿病・代謝研究会
日本肥満学会総会
第28回分子糖尿病学シンポジウム など
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151