医学部

メニュー

社会医学講座公衆衛生学分野

所属教員名

運営責任者

講座概要

 社会医学部門の教育のうちの主として対人サービスを担当し,研究面では以下の領域に分類される。

研究の概要

医療倫理学的研究

従来からの医師患者関係に属する研究に加えて、介入研究の倫理的問題に関する臨床的・公衆衛生的な研究を行っている。

うつ病とうつ状態の疫学研究

うつの症候学とその関連要因についての研究(うつ状態と動脈硬化関連指標の相互関係に関する研究など)と地域保健の実践研究(軽症うつ病に対する体操教室の効果検証のための無作為化比較試験)とを行っている。

障害者の自立と生活支援にかかわる地域保健研究

精神病状態にある高齢者を事例に、当事者と介護者双方を支える介入のあり方を検討中である。

末期臓器不全のdisease control

末期臓器不全に対する臓器移植システム構築に関しては、医療政策、医療経済、医療倫理等公衆衛生学の種々の分野が関係する。臓器移植法の成立以降、脳死のあり方、意思表示カード等臓器提供方法についての検討、臓器提供施設の医療機能と整備状況等について研究を行い、研究成果は公衆衛生審議会検討材料として用いられるなどシステム構築に寄与した。

診療ガイドラインの評価

諸外国で実施されている診療ガイドラインの質を担保する手法について調査し、AGREE日本語版の開発を行った。また、厚生労働省研究班,関連学会によって作成・公表されている診療ガイドラインの評価を行っている。

医療安全

医療機関の医療の質と安全を担保するための体制や活動およびその成果等を評価するための研究を行っている。全国の医療機関の医療従事者を対象とした調査により、日本の医療機関および医療職の医療安全文化の特徴を明らかにしたほか、数年に渡る全国の医療機関を対象とした調査により、医療安全管理体制の変遷や、その課題について明らかにした。

医療情報の標準化

IT技術の医療への導入による診療情報標準化の促進によって、医療の透明性・説明貢任・質が確保されることが期待されている。わが国でのIT技術の現状を明らかにし、医療の効率性、質との関連を明らかにした。

医師需給にかかわる研究

近年の医師不足の状況に関して実証的な研究を行った。特に、小児科、産科・婦人科の不足問題に焦点を当て、需要供給の両側面と地域偏在の観点から分析を行った。

疾病費用に関する研究

がんをはじめとする主要疾患の社会的負担に関して、疾病費用法を用いて部位別に計測し比較した。また、時系列での変化、将来予測も明らかにし、国際比較研究も行った。さらに介護を必要とする疾患に関しても、同様の推計を行った。

代表論文

  1. Kitazawa T, Matsumoto K, Fujita S, Seto K, Hasegawa T. Cost Analysis of Transplantation in Japan, Performed With the Use of the National Database. Transplant Proc 49,1,4-9 (2017)
  2. Fujita S, Seto K, Kitazawa T, Matsumoto K, Wu Y, Hasegawa T. Factors Associated with Health Care Worker Compliance with Procedure Manuals and Rules. J Med Soc Toho 2,3,80-85 (2016)
  3. 中川正俊, 井原一成: 初回エピソードうつ病患者の復職及び再休職に影響する要因. 臨床精神医学. 45,1475-1483 (2016)
  4. Sakurai R, Suzuki H, Ogawa S, Kawai H, Yoshida H, Hirano H, Ihara K, Obuchi S, Fujiwara Y. Fear of falling, but not gait impairment, predicts subjective memory complaints in cognitively intact older adults. Geriatr Gerontol Int (2016); in press.
  5. Ihara K, Yoshida H, Jones PB, Hashizume M, Suzuki Y, Ishijima H, Suzuki T, Hachisu M. Serum BDNF levels before and after the development of mood disorders: a case-control study in a population cohort. Transl Psychiatry 12;6:e782 (2016)
  6. Tanisawa K, Arai Y, Hirose N, Shimokata H, Yamada Y, Kawai H, Kojima M, Obuchi S, Hirano H, Yoshida H, Suzuki H, Fujiwara Y, Ihara K, Sugaya M, Arai T, Mori S, Sawabe M, Sato N, Muramatsu M, Higuchi M, Liu YW, Kong QP, Tanaka M. Exome-wide association study identifies CLEC3B missense variant p.S106G as being associated with extreme longevity in east asian populations. J Gerontol A Biol Sci Med Sci 72,309-318 (2016)
  7. 井原一成: フレイルとうつ. 老年精神医学雑誌. 27,504-510 (2016)
  8. Sakurai R, Kawai H, Yoshida H, Fukaya T, Suzuki H, Kim HK, Hirano H, Ihara K, Obuchi S, Fujiwara Y. Can you ried a bicycle? The ability to ride a bicycle prevents reduced social function in older adults with mobility limitation. J Epidemiol 26,307-14 (2016)
  9. Kera T, Kawai H, Yoshida H, Hirano H, Kojima M, Fujiwara Y, Ihara K, Obuchi S. Classification of frailty using the Kihon checklist: A cluster analysis of older adults in urban areas. Geriatr Gerontol Int 17,69-77 (2016)
  10. Matsumoto K, Seto K, Fujita S, Kitazawa T, Hasegawa T. Population aging and physician maldistribution: A longitudinal study in Japan. J Hosp Adm 5,29-33 (2016)

教育の概要

学部

  1. EBM入門/4年次
    EBM(Evidence Based Medicine:科学的根拠に基づいた医療)とは、科学的根拠(Evidence)に基づいて最適な医療・治療を選択し実践するための方法論である。医療の標準化、すなわち質の確保と効率性の追求という点で、医療システムの再構築とも密接な関連を持つ概念である。医学生にとって、良質な医療の実践・医療システムの理解という両面から必須の基本的知識となっている。本教科ではEBMの考え方と方法論を総合的に学び身につけることを目的とする。
  2. 公衆衛生学/4年次
    包括的医療では保健・医療・福祉はそれぞれ別個のものではなく、社会の中で相互に密接に結びついている。学生には医療と社会との関連を理解することが期待される。学習目標は、医学と社会との関連を学ぶこと、社会医学の実践を学ぶことである。公衆衛生学は主として対人保健を担当する。
  3. 統合型社会医学実習/4年次
    医師が社会に出たときに必要とされる問題発見、ソルーションを重視した技法の獲得を主な目的とする。グループ実習として実施されるため、実際の状況に応じた、チームの一員としての役割、リーダーシップも合わせて要求される。学習目標は、社会医学的な問題を認識し解決する方法を学ぶこと、研究計画をデザインして進める方法を学ぶことである。
    なお、実習では研究成果の発表方法を学ぶ。すなわち、研究計画の立案と研究実施、結果の集計、統計学的処理の実施、論文原稿作成、結果を報告し、それを専門誌に発表する手順を模擬的に学習できるように計画されている。

大学院

医療政策・経営科学分野において開講している。
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151