医学部

メニュー

病理学講座

所属教員名

三上 哲夫 / 教 授
赤坂 喜清 / 教 授
本間 尚子 / 准教授
深澤 由里 / 講 師
金田 幸枝 / 助 教

運営責任者

講座概要

病理解剖、病院の病理診断を日常業務として行いながら、そこで生じた疑問を臨床病理学、組織病理学、分子生物学などの手法を用いて解決していくよう努めています。日常業務の訓練により疾病を形態的に捉えられるようになりますが、形態学に留まらず、遺伝子・蛋白レベルの異常を捉え、病気・病変が発生するメカニズムを解明していくことを目指しています。質の高い病理診断ができるのみならず、病理診断の経験に基づいた研究のできる病理医の育成を行うことが第一の使命ですが、病理学に理解のある優れた臨床医の育成にも力を注ぎ、東邦大学の臨床レベルの向上にも貢献したいと考えています。

研究の概要

潰瘍性大腸炎関連癌におけるCD44発現低下
【画像クリックで拡大表示】

当研究室では、東邦大学医療センター大森病院の病理診断を日常業務として行いながら、臨床病理学的研究、分子病理学的研究を行っています。 実際の症例から学び、そこから派生した疑問を様々な手法を取り入れて、病気・病態を解明する研究に展開させるよう心掛けています。 免疫組織化学染色、がん遺伝子の解析、蛋白解析、培養細胞を用いた蛋白機能解析などにより、遺伝子、蛋白レベルの研究から、 ヒト疾患の病理組織学的解析まで、幅広い研究ができる研究室です。

 1.慢性炎症-癌連関における発癌・進展機構
 2.創傷治癒の分子制御による治療法開発
 3.癌や加齢性疾患とホルモンの関係についての研究
 4.癌浸潤転移における間質制御機構
 5.癌の臨床病理学的および分子病理学的解析
 6.冠状動脈の血行力学に対する組織反応

代表論文

  1. Honma N, Saji S, Mikami T, Yoshimura N, Mori S, Saito Y, Murayama S, Harada N. Estrogen-related factors in the frontal lobe of Alzheimer's disease patients and importance of body mass index. Sci Rep 2017 in press
  2. Kanada S, Sugita A, Mikami T, Ohasi K, Hayashi H. Microcarcinoid arising in patients with long standing ulcerative colitis: histological analysis. Hum Pathol 2017 in press.
  3. Nakamichi M, Akishima-Fukasawa Y, Fujisawa C, Mikami T, Onishi K, Akasaka Y. Basic Fibroblast Growth Factor Induces Angiogenic Properties of Fibrocytes to Stimulate Vascular Formation during Wound Healing. Am J Pathol 186:3203-3216,2016
  4. 本間尚子、三上哲夫 アポクリン癌 乳癌の臨床 30(5):423-428, 2015
  5. Ishikawa Y, Akasaka Y, Akishima-Fukasawa Y, Iuchi A, Suzuki K, Uno M, Abe E, Yang Y, Li CP, Mukai K, Niino H, Tanaka M, Kawahara Y, Sugiura H, Shinagawa T, Morinaga S, Ogata K, Onuma J, Yanagida-Iida M, Taki K, Komatsu A, Satoh H, Yamada K, Shimokawa R, Shibuya K, Takahashi K, Ishii T: Histopathologic profiles of coronary atherosclerosis by myocardial bridge underlying myocardial infarction. Atherosclerosis 226 :118-123 , 2013
  6. Iuchi A, Ishikawa Y, Akishima-Fukasawa Y, Fukuzawa R, Akasaka Y, Ishii T: Association of variance in anatomical elements of myocardial bridge with coronary atherosclerosis. Atherosclerosis 227 (1) :153-158 , 2013
  7. Akishima-Fukasawa Y, Yoshihara A, Ishikawa Y, Watanabe N, Hiroi N, Akasaka Y, Sasano H, Ishii T, Yoshino G.: Malignant adrenal rest tumor of the retroperitoneum producing adrenocortical steroids. Endocrine Pathology 22 (2) :112-117 , 2011
  8. Akishima-Fukasawa Y, Ishikawa Y, Akasaka Y, Uzuki M, Inomata N, Yokoo T, Ishii R, Shimokawa R, Mukai K, Kiguchi H, Suzuki K, Fujiwara M, Ogata K, Niino H, Sugiura H, Ichinose A, Kuroda Y, Kuroda D, Ishii T.: Histopathological predictors of regional lymph node metastasis at the invasive front in early colorectal cancer. Histopathology 59 (3) :470-481 , 2011
  9. Ishikawa Y, Kawawa Y, Kohda E, Shimada K, Ishii T.: Significance of the anatomical properties of a myocardial bridge in coronary heart disease. Circulation Journal 75 (7) :1559-1566 , 2011
  10. Akasaka Y, Ono I, Kamiya T, Ishikawa Y-, Kinoshita T, Ishiguro S, Yokoo T, Imaizumi R, Inomata N, Fujita K, Akishima-Fukasawa Y, Uzuki M, Ito K, Ishii T. The mechanisms underlying fibroblast apoptosis regulated by growth factors during wound healing. J Pathol 221(3):285-99, 2010

教育の概要

学部

病理学は基礎医学と臨床医学の架け橋的位置にあり、当教室は、医学部2年生の「病態の科学」の病理学分野、2,3年生の「臨床病理学①②」、6年生の選択制臨床実習を担当しています(医療センター大森病院病理部での臨床実習にも関与しています)。病理学では、 講義・実習を通して、正常と比較してどこがどのように異常なのか、それによりどのような病態が起こるのかを理解することを目指します。5年生の臨床実習において、自ら臨床検体に対して病理学的所見をとることができ、病理診断書の作成ができることがこの段階までの到達目標です。さらに、6年生の選択制実習では病院における実際の病理診断業務にさらに深く触れ、病院という組織の中での病理診断学の役割と重要性を理解し、また、症例を自ら解析してまとめる作業を通じて症例を病理学的に全身的に考察することができることを目指します。

病理学の性格上、顕微鏡を使用することが多くなりますが、単に組織を観てスケッチをするだけではなく、低学年の実習では病気を論理的に考える力を身に着けることを目標に、臨床実習ではさらに、student doctorとして自ら考え責任をもって診断するとはどういうことか考えながら実習に当たってください。

大学院

近年の病理学では分子生物学的解析手法から得られる成果を形態学的所見と関連付けることが必要です。形態学的手法の修得と結果の解釈に関する修練を通じて、個々の疾病の基本的な病態を形態学的観点から理解できる能力を獲得することを第一の目標とします。さらに、分子生物学的解析手法からの所見を、形態学的所見と結び付けて考察することが次なる目標となります。

その他

社会貢献

2017年度 中学生未来の医学“夢”スクール 開催予定

学会活動

講座として主要な学会と位置付けているものは以下の通りです。
  • 日本病理学会
  • 日本創傷治癒学会
  • 日本癌学会
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151