大学院

メニュー

カリキュラム・ポリシー

医科学専攻(修士課程、2年制)

医科学専攻(修士課程、2年制)では、ディプロマ・ポリシーを踏まえ、専攻科目に加えて全員が修得すべき内容を共通必修科目として、また、専攻科目を補う内容を共通選択科目として、カリキュラムを体系的に編成する。

医学的知識と実践能力
 専攻科目、共通必修科目並びに共通選択科目を配置し、医科学の領域に関しての基礎的知識を学ばせ、
 自らの研究テーマを遂行するための能力を育成する。
 研究発表会において、複数の医学研究科委員による審査と助言を行う。
生命倫理
 研究倫理に関わる科目を配置し、医科学研究の推進に必要な倫理観を育成する。
科学的探究心
 先端医療に関わる科目を配置し、研究に対する意欲と態度を育成する。
社会貢献
 知的財産管理に関わる科目を配置し、研究成果を社会に還元する姿勢を育成する。
国際性
 専攻科目において、英語の読解・表現力を育成する。

医学専攻(博士課程、4年制)

医学専攻(博士課程、4年制)では、ディプロマ・ポリシーを踏まえ、専攻科目に加えて全員が修得すべき内容を共通必修科目として、また、専攻科目を補う内容を共通選択科目として、カリキュラムを体系的に編成する。

医学的知識と実践能力
 医学教育、実験医学、最新医療のトピックスを扱う科目を配置し、基礎的知識・技能を修得させる。
 また、多様な医学研究に関わる選択科目の履修も可能とする。
 専攻科目の履修と並行して、研究を指導し、東邦医学会での大学院学生研究発表会において、複数の
 医学研究科委員による助言を行う。
生命倫理
 研究倫理に関わる科目を配置し、医学研究の推進に必要な倫理観を育成する。
科学的探究心
 先端医療に関わる科目を配置し、生涯にわたり研究を継続するための意欲と態度を育成する。
社会貢献
 知的財産管理、産学連携に関わる科目を配置し、研究成果を社会に積極的に還元する姿勢を育成する。
国際性
 英語によるコミュニケーション能力を修得できる科目を配置し、国際的に活躍できる能力を育成する。