大学院

メニュー

専攻紹介・目的

医学研究科には医科学専攻修士課程と医学専攻博士課程が設置されています。

医科学専攻/修士課程(2年制)

学位:修士(医科学)

教育研究の目的

◎知識・理解
医科学の領域に関して、広い学識および深い専門的知識を有している。
◎思考・判断
指導者から与えられた研究テーマを遂行することができる。
◎興味・関心・意欲
自らの学習および研究の成果をもって社会に貢献しようとする意欲を有している。
◎態度
医科学研究に関わる倫理的考え方やその基本的な手続きを理解できる。
◎技能・表現
自らの研究成果を客観的に評価し、口頭で発表し、論文にまとめることができる。

学びの魅力 基礎医学の研究者として高度先進医療の道をめざす

修士課程は4年制大学の卒業を受験資格要件としており、自然科学系学部卒業者だけでなく、人文・社会科学系学部卒業者にも門戸を開放することで、幅広い知的バックグラウンドを持った上で、医学・医療分野で研究を積み、深い洞察力と幅広い視野を持った高度専門職業人の養成を目指しています。また、修士課程にも博士課程同様に4つの系統があり、幅広い分野・科目が履修できるカリキュラムが編成されています。修士課程を修了し、博士課程へ進学することもでき、医学・医療分野における研究者への道も開かれています。

修士課程学科目

専攻科目
代謝機能制御系 細胞生理学、生化学、分子生体制御学、薬理学、臨床検査医学
高次機能制御系 人体構造機能学、微細構造機能学、統合生理学、リハビリテーション医学、眼科学
生体応答系 病理学、病院病理学、微生物・感染制御学、分子免疫学、放射線医学
社会環境医療系 法医学、衛生学、公衆衛生学、医療政策経営科学、医療統計学、医学情報学

医学専攻/博士課程(4年制)

学位:博士(医学)

教育研究の目的

◎知識・理解
医学や医療の領域に関して、広い学識および深い専門的知識を有している。
◎思考・判断
自らの研究歴あるいは臨床経験に基づいて、新たな研究テーマを設定し、その研究テーマに基づいて、具体的かつ現実的な計画を立案し実行できる。
◎興味・関心・意欲
自らの研究成果を、社会に還元しようとする積極性を有している。指導的立場で国際的な視野に立った医学研究を展開しようとする意欲を有している。
◎態度
臨床研究を含む医学研究に関わる倫理的考え方を理解し、医学研究者としての基本的な姿勢を有している。
◎技能・表現
自らの研究成果を客観的に評価し、学会等で発表し、質の高い論文を作成する能力を有している。

学びの魅力 高度先進医療をリードする人材を育成する

博士課程への進学には3つのパターンがあります。

  1. 医学部卒業後、2年間の前期臨床研修を終え、専門分野の高度な臨床研究を行う。
  2. 基礎医学研究をめざし、研修医を経ずに進学する。
  3. 4年制大学を卒業後、修士課程を修了して進学する。
博士課程には、代謝機能制御系、高次機能制御系、生体応答系、社会環境医療系の4つの系統があり、それぞれさらに細分化されていて、研究が行われています。 本学の大学院医学研究科は、1959年に設置され長年の歴史を持ち、医学に関する学術論および応用に関して教授し、優れた専門医や研究者、大学教員などを数多く輩出しています。

博士課程学科目

専攻科目
代謝機能制御系 細胞生理学、生化学、分子生体制御学、薬理学、循環器内科学、糖尿病・代謝・内分泌学、消化器内科学、消化器外科学、心臓・血管外科学、呼吸器外科学、産科・婦人科学、臨床検査医学、総合診療・救急医学、腎臓学、臨床腫瘍学
高次機能制御系 人体構造機能学、微細構造機能学、統合生理学、臨床生理機能学、神経内科学、脳神経外科学、整形外科学、形成外科学、リハビリテーション医学、麻酔科学、耳鼻咽喉科学、眼科学、口腔外科学
生体応答系 病理学、病院病理学、微生物・感染制御学、分子免疫学、呼吸器内科学、血液・腫瘍内科学、膠原病内科学、東洋医学、小児科学、新生児学、皮膚科学、泌尿器科学、放射線医学
社会環境医療系 法医学、衛生学、公衆衛生学、医療政策経営科学、医療統計学、医学情報学、医学教育学、精神神経医学、心身医学

大学院医学研究科シラバス