医学部

メニュー

はじめに

東邦大学医学部は、医学の発展と生命の尊厳の調和をはかる為に、人間を直接対象とした医学の教育・研究および臨床応用が、科学的正当性と倫理的妥当性に基づいて行われることをヘルシンキ宣言および行政指針の趣旨に照らして審査することを目的として、昭和62年に倫理委員会を発足させました。その後、平成15年3月に科学技術・学術審議会、生命倫理・安全部会から報告された「機関内倫理委員会の在り方について」を受けて、医学部倫理委員会を再編成し内規の大幅な改訂を行いました。さらに、平成27年4月より「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の施行に伴い、医学部および医療センター3病院の病院倫理委員会の内規を統合しました。

医学部倫理委員会

医学部における研究・教育で、倫理的配慮を必要とするものを取り扱う。医療センター3病院において実施されるもので医学部長が責務を負う研究・教育、および社会的コンセンサスに問題を生じるような重大な医療行為についても取り扱う。

医療センター3病院倫理委員会

医療センター3病院における研究・教育および医療行為で倫理的配慮を必要とするものを取り扱う。

遺伝子解析研究倫理審査委員会(常設専門部会)

平成26年4月1日より医学部倫理委員会に統合する。

2004年10月1日(内規の施行日)東邦大学医学部倫理委員会委員長  小原 明
2014年 7月1日 一部改訂 医学部倫理委員会
2016年 3月1日 一部改訂 医学部倫理委員会・医療センター3病院倫理委員会

倫理委員会の審査案件の振り分け

医学部倫理委員会 大森・大橋・佐倉病院倫理委員会
· 医学部に所属する専任教員を研究責任者とする
  教育・研究・その臨床応用
· 健常者を対象とする研究
· ヒトゲノム・遺伝子解析研究
· 医療センター3病院において実施されるもので
  医学部長が責務を負う研究・教育、および社会的
  コンセンサスに問題を生じるような重大な医療
  行為
· 病院長または病院倫理委員会から依頼を受け
  た場合
· その他医学部長が必要と認めた場合
· 病院において行われる研究(医師・看護師・薬
  剤師・臨床検査技師その他コメディカルスタッフ
  を研究責任者とする研究)・教育
· 特別な倫理的配慮を必要とする医療行為
· 『医の倫理』に関わる案件
· 医学部長または医学部倫理委員会から依頼を受け
  た場合
· その他病院長が必要と認めた場合
【追記事項】
  1. 大森・大橋・佐倉病院間の共同研究の場合は、研究責任者の所属する病院の倫理委員会において承認を得た後に他の病院倫理委員会で承認を得ることとする。
  2.  『遺伝子治療等臨床研究に関する指針』または『ヒト受精胚の作製を行う生殖補助医療研究の倫理指針』の対象となる研究および医療行為については、指針で定める倫理委員会の構成要件を満たす専門部会を組織して審査を行う。
  3.  『再生医療等の安全性の確保等に関する法律』の対象となる研究および医療行為は、認定再生医療等委員会に審査を委託する。
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151