医学部

メニュー

学部長の挨拶

医学部長 高松 研
医学部長 高松 研

 東邦大学医学部は、1925年に額田 豊、晋兄弟によって創設された帝国女子医学専門学校を前身としています。1950年に学校教育法の改定に伴って再編され、男女共学の東邦大学医学部となって今日に至っています。創設以来90有余年の歴史を刻む中で、自由な学風の下、約9,000名もの社会に貢献する医師、医学研究者を輩出してきました。

 本学部は、建学の精神である「自然・生命・人間」を礎に、優れた先進医療を牽引する教育・研究・診療の実践とこれら3つの面でバランスの取れた優秀な人材の育成を使命としています。そして、教育目標として「豊かな知性と深い医の倫理観に基づいた全人的医療が行える、人間愛に満ちた『より良き臨床医』の育成」を掲げています。

 2016年度の新入生の皆さんから、社会の成熟化に伴う医療情勢の変化に合わせ、新カリキュラムに移行しました。また同時に、いわゆる国際基準に対応させて、実地教育と能動学習による学習成果基盤型(修得型)カリキュラム(OBE: Outcome-based Education)へ転換しました。ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)を見直し、卒業時に獲得すべきコンピテンスとして6項目を掲げています。
 新カリキュラムでは、座学を極力削減し、実践しながら必要な知識・技能・態度を学ぶ能動的な学習を積極的に取り入れ、合わせてICTを活用した自学自修環境の整備を進めています。医学準備教育と基礎医学教育の融合により早期から専門教育を開始するとともに効率化を図りました。4年次から臨床講義と並走して基本臨床実習を配置し、5年次と6年次に必修および選択の診療参加型臨床実習を配置して充分な臨床実習期間を確保しました。臨床実習は急性期医療を担う大学付属病院と、回復期、慢性期医療を担う教育関連病院や地域の医療施設と連携して行い、教育の場と質の確保に努めます。グローバル化に関しては、診療場面も念頭においたEnglish OSCEを導入済みで、選択ですがClinical Skill Assessmentコースを置き6年次の海外臨床実習をサポートしています。科学的探究心の育成に関しては、6年間での卒業研究を必修化して早期からの研究体験を推進し、大学院医学研究科単位の早期履修制度を導入しています。

 超高齢化社会が到来する2025年を念頭に、医療は既に「治す」から「支える」へ、地域包括ケアシステムの中で大きな質の転換が求められています。再生医療、分子標的薬、PETなどの画像診断技術、内視鏡や手術支援ロボットによる低侵襲化、ヒトの全遺伝子解析に基づくテーラーメイド医療など、医療技術は日々目覚ましい進歩を遂げています。さらに、人工知能を用いた診断・服薬支援システムの開発やロボットのコミュニケーションツールとしての利用が進められており、今後は人工知能やロボットとの棲み分けが必要です。10年後、20年後を的確に捉えたキャリア教育を目指しています。東邦大学医学部では、学生と教職員が一体となって、共に学び成長する教育を実践していると自負しています。上記のような学びとともに、課外活動やボランティア活動などにも積極的に参画し、生涯の友や師など人との出会いを大切にし、自らを発掘して人間力を高めていただきたいと思います。自然と人間を愛し、思いやりと忍耐力、そして目的意識を携え、意欲溢れる皆さんと共に学べますことを心より待ち望んでいます。

お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151