健康科学部

メニュー

学部の特色・目的

教育研究上の目的

本健康科学部は健康に関する科学の理論と応用とを教授し且つ研究することを目的とする。

[人材の養成に関する目的]
健康科学に関わる専門知識と確かな技術を学び、洗練された倫理性を備え、人々の健康生活を支援する医療・福祉・政策の分野に貢献できる人材の育成を目的とする。

[教育研究上の目的]
教育に関しては、人々の健康を科学的に探究し支援できるよう、知性・感性・品性および問題発見・解決能力、生涯学習能力を兼ね備えた実践者と研究者の育成を目的とする。
研究に関しては、健康科学分野の基礎研究とともに、変化する社会情勢に即した応用分野の研究に携わることを目的とする。

4つの領域編成で学ぶ看護学

 従来の細分化した看護専門領域の学びから、看護の対象や事象をより具体的な形に現し教授するため、“社会の単位、生活体、生活の場”に焦点をあて、知識の統合と実践の連携を図る看護学の領域編成を実現しました。トランスレーショナル看護領域では「個人の健康の支援」と「看護の実践の基礎」を、ファミリーヘルス看護領域では「家族の健康の支援」を、コミュニティヘルス看護領域では「地域の健康の支援」を、プレ・プロフェッショナル看護領域では「学びの統合」と「看護専門職(看護師・保健師)への移行」を、それぞれの範疇としつつ、専門領域が複雑に絡み合う現実社会の課題に対応できる看護学を学び、日本の医療構造の変化に対応できる看護の実践者を育成します。さらに、保健師専門科目では「公衆衛生の支援」を学び、公衆衛生看護の実践者を育成します。

着実に成長できるトランスレーショナル教育

 トランスレーショナルとは、本来“基礎から臨床への橋渡し(Bench to Bedside)”をいい、本学科においては“知識・技術の橋渡し・連携”という意味で用いています。基礎教育で学習した看護学の基礎的な知識・技術・態度を臨床へ橋渡しする、研究により得られた成果を看護学のエビデンスとして臨床実践へ連携して活かすと同様に、トランスレーショナル看護学領域での学習成果をファミリーヘルス看護領域やコミュニティヘルス看護学領域での学習に橋渡しし、領域を超えた連携のもとで学んでいく教育方法です。
 また、橋渡しや連携は双方向で起こり、大学4年間の成長課程において教養教育科目を必要性を感じた学年で学ぶことができる工夫や、3つの看護専門領域を行きつ戻りつして学べる工夫がなされています。それにより個人から地域社会、新生児から高齢者、家庭から国際社会まで看護の視野を広げ、様々な対象のそれぞれのニーズを継ぎ目なく捉えた看護援助を提供することができる人材の育成を目指しています。

チームを牽引する看護の専門家を育成する教育カリキュラム

 医療は、患者を中心に多職種が連携する“チーム医療”を実現することで、医療の質を高めるとともに効率的な医療サービスを提供することができる。本学科の教育目標でもある“他者の立場と役割を尊重し、チーム医療を推進する看護実践のリーダーとなる人材を育成する“ために1 年次には「コミュニケーション論」、「プレゼンテーション論」、「組織論」、2 年次には「臨床心理学」、4 年次には「援助的人間関係論」、「看護管理論」、「チーム活動論」、さらに全学部共通科目の「チーム医療演習」などを配置し、系統的にチームワークやリーダーシップを学修できるよう工夫しています。

4年間を通して段階的に高める三つの能力

 本学科は、「看護実践力」、「倫理性を備えた科学的思考力と表現力」、「人間力」の3つの中核となる能力を4年間の教育課程の中で積み上げ、重層的に学び育む教育課程と教育方法の工夫を図っています。
お問い合わせ先

東邦大学 健康科学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1

習志野学事部
【入試広報課】
TEL:047-472-0666
【学事課(教務)】
TEL:047-472-1705