法人案内

メニュー

法人案内

法人案内

創立者の熱い思いが、広く根を張った大木に育ちました。

額田豊 額田晋

1925年(大正14年)、創立者である額田豊・額田晉両先生は、女子の医学・薬学・理学という理科系教育の向上と健全な人間性の育成を目標にして、私財を投じて帝国女子医学専門学校を大森地区(現在の医学部所在地)に創設しました。翌年には看護婦養成所を併設、次いで薬学および理学専門学校を開設しました。これが東邦大学の前身です。

戦後、薬・理学部は千葉県船橋市に移転し、さらに学制の改革にともない、1950年(昭和25年)より医・薬・理3学部を擁する男女共学の自然科学系総合大学に、また2011年(平成23年)には医学部看護学科を看護学部看護学科に改組し、医・薬・理・看4学部として、社会に広く貢献できる人材の育成に努めてきました。
学校法人東邦大学は、現在では4学部に加え4つの大学院と東邦大学医療センター3病院を有し、地域医療にも貢献しているほか、看護の質的向上をめざし、佐倉看護専門学校を設置しています。

さらに、千葉県習志野市と東京都世田谷区に付属中・高等学校を設立し、中等教育から豊かな知性と科学的教養を身につけるための教育を実践。
学校法人全体が教育機関として有機的に結びつき、バランスのとれた人間教育を行っています。


コミュニケーションマーク

コミュニケーションマーク

このマークは、東邦が大切にする価値観を「象徴化」したもので、今後の東邦ブランディングの視覚的表現の核となるものです。

東邦に流れ続けてきた価値観、これからも大切に引き継ぎ伝えていくべき価値観に学祖の思想「自然・生命・人間」があります。「自然・生命・人間」を象徴する12のアイコンによって構成される本コミュニケーションマークは、2007年4月より導入され、様々なコミュニケーション活動において展開されていきます。